インテグレート・ヒーリングIHと「知識」について

私スワアカネのIH基礎クラスでは、頭を使うな、知識はいらない、としつこく伝えています。

IH創始者のマチルダがそれを伝え続けていて、私が基礎クラスのインストラクターになった時に「基礎クラスで必ず伝えてほしい」とメールをもらいました。

“インテグレート・ヒーリングIHと「知識」について” の続きを読む

インテグレート・ヒーリングのクラス考

自分との対話は誰にでも出来ること、だからIH(インテグレート・ヒーリング)は特別なことをしていない。それじゃあ、プラクティショナーの存在は何のためなの?というと、自分と繋がるまでのプロセスを介助するための、介添的存在。

だから、IHのクラスでは、やり方を徹底的に学ぶことではなく、そしてスターを養成するでも無しに、相手のプラクティショナーが誰だったか忘れてもいいくらい、自分の解放に自らを向ける。そしてプラクティショナーは、その景色を目の当たりにし、初心者だろうが経験者だろうが関係ないことを学ぶ。

IH基礎クラスは重いムードにならないように、自分との対話を楽しむところから始めるよう意図しているけれど、自分を理解して受け容れられれば、他人のことも許容できるので、プラクティショナーになるコースに出る前にIH基礎クラスを履修しておく利点は、より寄り添えるプラクティショナーになれることだと思います。

創始者から直接学べるコース、早割9/23まで。アメリカ・ロサンゼルスで開講です。

https://integratedhealinginla.jimdo.com/ih講習会ロサンゼルスについて/

インテグレート・ヒーリングIH考

私の頭の中はときどきこんなことでいっぱいになっています。IH実践研究家、って言って良いと思う、料理研究家と同じようなものだから、たぶん笑

自分にとってのインテグレート・ヒーリングIHの表現が変化してくるのは、教わった言語の守破離とも言えるだろうし、時代も自分も変わるから、当然のこととも思えます。だけど本質は変わらない。だから、統一の表現を強制されないIHは、本当に本質的だと思う。

ーーー

インテグレート・ヒーリング‪IHは細胞や人が「生きている」状態にするのでなく、大きい世界観の中で「生きていく」状態にするものに近い。‬その人それぞれにとっての自然な姿になっていくために、時に平穏な生命の死もギフトされることもある。それも含め〈いのち〉、生き方を自分自身でコマンドするためのシステムであると言えるだろう。プラクティショナーはその介助役。

こんなことを言うと反感を買うかもしれない、けれど、死を含めての〈いのち〉であるならば、そこまでを包括しないのは不自然だから、やはり肉体の終焉を一つの暗転( コトバンクより→演劇で、幕を下ろさず、舞台を一時暗くして場面を変えること。「暗転して第二景に移る」)として「目標設定(方向のコマンド)」を死ぬ直前ですらも行うことへの価値はあるように思う。

もちろんプラクティショナーが介添すると情報の幅は広がるが、自分一人で行えるようなら、旅立つ最期まで自分の味方と共に生きていくことが出来る。習わずとも自ら出来る人もいるだろう、しかし、インテグレート・ヒーリングIHの世界を学ぶことで、共通の景色が見れる仲間のみならず、自分自身という一生ものの味方を手に入れることが可能になる。

っていうのが今の私がしっくりくるIHの説明なのだけど、終わりの説明だけは収まらない、というのが、IHという、枠なきフォーマット。