宇宙はピュアというより全てを包むカオスな場であることが愛なのではないかという疑問と自論のモヤモヤを書いてみました

私の中の疑問なんだけど、クリアリングが地球レベルでは済まなくて宇宙の遺伝子レベルに発展しているのはいいけれど、各星出身の遺伝子の特徴を細かに分析したり、その要素をクリアにしたりすることが、本当にいいのかよくわからないんだ。

その特質が光か闇かを決めていることも、本当にそうなのかわからなくて、唯一は、自分の中にある聖なるもの(と、自分で感じるもの)に従うことなんじゃないのかなあ。
 
なんか、もっとおおらかな見方をしても良いんじゃないかなあと思うのは、嫌われ者にされがちな虫やカビ菌などの美しいはたらきを、無かったことに出来ないからです。彼らがいるから豊かな緑の星が存在できる。彼らが憎まれてしまうのは、人間にとっての「整備」が正義とされただけの話で、「正しい」という集合意識的な価値観など一瞬にして変わるのは、人間のして来たことを見たらわかるし、ほんとは地球は多様性をゆるし包む星のはずだった、ってまだどこかで私が思ってるから。

それが間違いだったとしたら、宇宙にとって地球が誕生したことが間違いだった、ということになるし、そもそも宇宙でさえ、多様性をゆるし包むカオスな場なのではないかと思ってるんだけど、違うのかなあ。。

紅音

個を活かすこと・自我が薄れること

ヒーリングに覚悟を決めて「どんな深いのでも出てきてOK」と心の奥の扉を開いたら、ちょっとえらいことになって(というか、これまで出てこれなかった深いテーマがヒットしはじめた)

セッション後の数日間のサポートまでできるメニューを用意したいな、と思い始めています。

私は自分が施術をやる側だから、こんな状態になっても筋肉に確認しながら、のたうち回りたくなってもどうにかできる(というか結果的にそういう流れだったらしい、自分を癒すためにもがいてたらヒーリングを降ろしてた)けれど、普通に生活している人だと抑えて体裁を整えてしまうのが普通だと思う。

いま、私のセッションを受けてくださる方々のほとんどは、ご自身でも人を癒したり勇気づけたりする立場の方が多く、そして、私を選んでくれるのは、安心して何でも話せるから、という理由が多くて、それは私がセッションの内容をどこにもシェアしていないことと、誰にも言えないようなダークなこと(と普通なら思われそうなこと)でも、普通に話が出来るからだと思われます。

普通の会話では話せないような、辛かったこと、仕事のことだけでなく家庭の事情、性癖のこと、恋愛のこと、自分の中に押し込めて、無かったように振る舞っていることなど、必要があればですが、クライアントさんだけでなく自分の話もシェアするように筋肉先生に指示されるので、きっとそうすることでイーブンな場を保てるのでしょう。

安心して何でも話せる、と、よく言って頂けることがありますが、それは「私が」解決してあげようとしていないからだ、ということも、IH基礎クラスを行う中で理解を深めて来ました。



私自身はものすごくダメ人間なのに、それでも生きていられるというのは、そのダメっぷりが価値あるものなのだと捉えることも出来るわけです。いよいよ頭のおかしいことを言っているようですが、これまでの刷り込まれた価値観は正反対だと思ってもいいような時期に来ているので、私はこの「ダメなところを活かす」生き方をやってみたいと思います。

こんなのも、普通に書いて理解されるかわからないけれど、ほぼ私の中は空っぽの状態で書いています。個の特徴を活かすということは、全体に寄与する個になるということで、自我は薄れるのかもしれません。

どんな自分をもゆるす、と決めて、ここ数年、ほぼ命がけと言っていい覚悟で取り組んでいます。

ゆるしたように思っていたってまだゆるせてなかった!なんてことは、普通にありますし、深い層にリーチしただけのことですから、そんな自分の取り組みを認めながら、自己を許容することに取り組んでいきましょう✨

特に、人を癒したり励ましたりする側の人は、どんどん自分をゆるしていかないと、見えない不均衡を生んでしまいがちです。人はゆるせるけど自分のことはゆるせない、など、かっこいいように見えて実は不均衡です。

自己を許容することが、自我を薄めて全体性の中に輝く個の存在として機能するのに大事なポイントです。

紅音

政治と個々の生き方の話

神奈川県知事・横浜市長・横浜教育委員会教育長。

残念な感じのニュースばかりの横浜・神奈川ですが、

何かを変えるチャンスのタイミング到来のサインなので、

これを機に市政や県政が市民・県民のものであることを私たちが認識すればよくて、

それは国政が国民のものであるという意識につながるでしょうし、

「自分の人生は自分のものだ」

とハッキリと言える個々の生き方につながるように思います。

ほんとの自分を取り戻そう。

自分についての話の聴き方

紅音さんのファンなんです!

と、誠にありがたいお言葉を頂戴している時に私に起こることは、全身の毛穴が開いて汗が噴き出そうになること。。

このままでは冷静に話が続けられない、、

そこで、「ではスワアカネという代名詞だったら」というテイにして、話を進めました。

元々の話の運びの目的があったのでそんな風にして基軸を戻したわけなのですが、

ふと今日になり思ったことがあるので書き記しておこうと思います。

良い言葉でも褒められ慣れなかったり、特に不意打ちだとめちゃくちゃ動揺するので、そんな時は「私」そのものでなく「スワアカネ」が褒められていることにする。そうすると、衝撃を受けないし、冷静で落ち着いていられる。

そうであるならば、

良くない言葉でも同様にしたら、衝撃を受けずに済むのではないかと。

よく、自分そのものを否定されたと思って死ぬほど落ち込んでしまう方がいるかと思うのですが、自分本体と切り離してみると、パニックにならずに済むかと思います。

人から言われることは、自分全てのことではなくて、ある側面についてのことなので、自分の全部が肯定されたり否定されたりするわけではないんですね。

だから妙にテンパる必要もないし、冷静にお話を伺えばいいんです。

というわけで、これからのスワアカネは、褒められても貶されてもクールに佇んでいるかもしれません笑

褒められた時、にっこり笑って「ありがとう♡」とスマートに言える人が素敵です。そうなるようにトレーニングしている間は顔がおかしくてもご容赦ください🙏✨笑

紅音

新年からの自分の選択

新年あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になり、ありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

例年、大好きな神社で祈祷をして頂くのですが、今年はどうも気が向きませんでした。それよりも何かがあるような気がして、モヤモヤしながら調べ物をしていました。

神社庁に属するか属さないか、という視点が自分になかったもので、調べてみると、政治へのお金の流れやらめんどくさくなってしまって、お社に神様なんているのかな?なんて思ってしまう不謹慎な正月でした笑

そんな私のスピリチュアル的思想は、自分たちが神さまの中に存在する、という考え。

暮らしの中に神さまがいるんでなく、私たちの暮らしが神さまの内部にある。

でも、存在が大きすぎて、日常を生きているとつい目の前しか見えなくなり、忘れてしまうんですね。そうすると孤独感や不安感、恐怖に苛まれるので、それが「大いなるものを忘れた」というサインになります。

大いなるものを信頼し生きること、それが重要なことだと知っているのに、大きすぎて忘れてしまうから目に見えるお社やお守りなどの物質的な要素が必要なだけだったのかなと。

決して神社アンチではありません。神社さんにはすごく気持ちのいいところもありますし、たくさん救われて来ました。

何も考えずに良いことや習慣のように行く神社ですら、マスコミに操作されていないかどうか、その可能性に気を巡らせる時も来ているのかもしれません。そうではなければそれはそれで幸せです。

何かを選ぶ時には、エネルギーを自分で感じる、または筋肉反応テストで自分に合ったもの、神社、全て自分で選べたらいいんじゃないかなと思いました。

自分を知り、自分の宝を使っていきましょう。

紅音

2018年の終わりと2019年の始まりに向けて

2018年もたくさんのことがあって、たくさんの出会いもありました。

いつものことながら、たくさんの方にお世話になりました。本当にありがとうございます。

様々な変化を迎え、いまこの時が一番幸せだ、と思う日々が増えました。

きっとこれからも、今が一番幸せだと思う日々が更新されていくことでしょう。

自分の目指す方向性も、少しシェイプされて、他の情報に揺らぐことが少なくなってきました。

私には、私にやれることをやるのみなので、他の誰かを目指すことが本当に意味のないことだと心底理解した年になりました。

それは私の望む世界で、私がその世界を体感できれば、きっと私に関わる人もそうなるのが当たり前になって行くと思っています。

私が普段行うインテグレート・ヒーリングでは「グル(尊師)を作らない」というのがベースにあり、それが私はとても気に入っているので、個として煌めく人が全体の煌めきとなれば良いと思って、先をみてセッションをしています。

2019年は学びと発信の年として、暴れまくります。

多分まとまらないと思います。

その事を自分に許し、わかっててやるので、もしかしたら今つながりのある方からもっと好かれなくなるかもしれません。

でも、もっと先へ、面白がれる人たちと遊びを広げて行きたいです。

なので、お互いに義理や義務感なく、自由な繋がりのもと、自分の道に邁進し合える関係性を、うれしく思います。

個であることが全体に繋がること、中学生の頃からの構想を現実に動きとして行えることを喜びつつ、全体の中の個として皆さんと共に在りたく思っています。

今年もたくさんお世話になりました。

新年からもどうぞよろしくお願いいたします!

紅音

それぞれの輝き、強み

まとめるまでに時間が要りそうだから、鮮度のあるうちにちょい出し。

こないだ、Facebookで、気の向いたお優しい方々にお願いして、私の気づいていない(もしくは気づいてるだろうけどダメ押しで)強みをコメントまたはメッセージで教えて頂きました。

以前メモしたノートに、「自分のキャラクター8割は社会性、2割は個人的で、2割の方が本質だ」みたいなことが書いてあったからです。

ノートを見返したのは、私のフィールドを意識する必要があることを感じたからです。

そして、自分が気づかないところが強みなのかもと、まあ批判もあるだろうなと思いつつ恥を忍んでコメントをお願いしたのでした。

↓こんな感じです。

たくさんのコメント、ありがとうございました❣️❣️❣️

さて、コメントを頂いた始めの方は、「一途」「自分軸」「自立」真っ直ぐクッキリ系のご指摘を頂いて、すぐにイメージしたのは自分の骨格。

個性に合わせた洋服を選ぶのに「骨格診断」というものがあり、私は「ストレート」なのです。他には「ナチュラル」や「ウェーブ」があります。

そして私が映える色を選ぶ「パーソナルカラー診断」では、「ウィンター」。

四季ごとに分類されるのですが、ウィンタータイプの人はクッキリハッキリした色でないと、存在がボヤけてしまうんです。

私がオータム色を使うとホント不健康に見えます。

そして顔の作りも、クッキリしてます。

友達とふざけてて私だけ怒られるタイプ。

見た目がこれだけクッキリしていることと、皆さんから頂いた私の強みの印象がマッチしていたので、面白いなと思いました。

ということはですね、たま〜にそういうお言葉を頂くことがあるのですが、

「あかねさんみたいになりたい」

っていうのは、本当に無意味なことなんだなあと思ったわけです。

だって骨格も肌色も顔の作りも違うでしょ?

他の誰かにはなれないし、他の誰かになろうとすることに意味はないんですね。

その方の持ち味を活かせば最強の存在になれる。

「あかねさんみたいになりたい」

と言ってくださる方は、きっと、

私の意志?の強さとか、ハッキリした表現とか、そーゆーところを欲していらっしゃるかと思うのですが、

そのような方が感じていらっしゃるのは、実はその奥にある、「自分にそのまま」というスタンスなのかもしれません。

そうだとしたら、きっと、私とは全然違うあなたがいることで、あなたは素晴らしく輝くのかもしれない。

コメント欄を見て、そんなことを思いました。

私は普段から色々書いて、それは私の事情で書かざるを得ないから書いているのですが、それが良いとか悪いとか無しに、それは私のすることだからやってるだけなんですよね。

あの人みたいになりたい、あの人みたいにやらねば、と思ったら、ちょっとそれ違うかも、って気づくサインにしてもらったら良いんじゃないかなと思います。

あなたには、あなたの輝きがあって、それがあなたの強みだからです。

紅音

IH内輪向けの長いつぶやきです

IH(インテグレート・ヒーリング)が私はわからなくてずーっとやめられなくて、基礎クラスのインストラクターになってもまだわかってなくて、だけど、ずーっと探してる言語がそろそろ見つかりそうで、ちょっとした前夜祭気分です。

まだ見えてはいないけれど、夜明け前のように薄ぼんやり明かりが見えたところ…

IHを広めるための努力は申し訳ないけどしていなくて(創始者了承済)本当に何の義務もない、自分の腹がうずくままのことしかしていなくて。

それでもIHがIHにおさまらない日が近いような気がしています。

みんなが肩身の狭い思いなくセッションできたら楽しいなって思います。それでそーゆーメンテナンスがアタリマエになって、治療を受けるのとかセラピーにかけなければならなかったお金を海外に行くのに使ったら良いと思う。

世界は広くて豊かだから!

紅音

「ま、いいけど♪笑」

筋反射カテキョというのをやっておりまして。

お一人お一人で異なる、「筋肉反応テストをこう使いたい!」というご要望にお応えする個人レッスンです。

ずーっとご自身に厳しく評価をされてこられた方、身体のサインが止まらず、セルフで筋反射をやりたいとのリクエストでした。

どうしても自分のことを否定的に言ってしまう。

「ばかじゃん?!」

「まだこうだったんだ…」

「ずっとそうしてたのがいけなかったんだ…」

ある会話の流れで、一旦ネガティブな感じの言葉を発したあとに、

「いいけどっ」

と仰ったんですね。

そうしたらものすごく筋肉反応があったんです。

口癖で否定的なことを発してしまった後で

「いいけど♪」

と言うと室内の氣が軽くなり、息がしやすくなることがわかりました。

ネガティブな言葉を言ってはいけない、と厳しく自分に罰を与えるより、

無理にポジティブ言葉を考えて使うよりも、

「ま、いいけど♪」くらいの方が、

ネガティブな波動が打ち消される感じで、身体もリラックスして軽くなります。

腰痛がその方のテーマだったからか、私は腰椎3〜5番間の椎間に体感がありました。

ネガティブなことには椎間板が重みで歪み、「いいけど♪」と言うことで脊柱間が軽くなったんです。

もしかしたら、神経の圧迫による腰痛や、脊柱管狭窄は、自分への厳しい言葉かけが影響しているかもしれません。

その、自分への厳しい言葉かけを聞く周りの人の身体にも、きっと影響しています。

周りのためにも、自分に優しくしましょう!!

私もこれから、自分のマイナス面などが口に出たら言ってみます。

「ま、いいけど!」笑

紅音

p.s.素敵な本を見つけました笑

http://ehonnomori.co.jp/ehon/topics/90418834/

「ま、いっか!」

作:サトシン 絵:ドーリー