秋分過ぎて

同じ自分なんだけど、自分のお葬いをしてる感。

私一生懸命に生きてたなぁ。

本気だったし、

本当だったし、

愛に包まれてたし、

それらに気づかないで責めてたり、

ほんと一生懸命だった。

過去の自分。

愛してました。

大好きな青い空の中で、

ゆっくりおやすみ。

9/28.29姫コラソン名古屋
https://www.himecorazon.com/29/booth/027

排泄と不要な誓いの解除

つい先ほど、オンライン(Zoom)でIHセッションをしていました。

「不要になった誓い」過去のエネルギーからの解放を行なっていたのですが、

最後のステップの一つ前で、あれ?って止まってしまって、何か別のエネルギーを感じてたところで、受けてくださってる方が「トイレ行きたい」と席を外しました。

戻ってきたら「やー!違う人のおしっこのにおいがした😳🤣🤣!きもちわるい😂😂」と言うので、

筋肉で確認してみたところ、その「別のエネルギー」が尿として体外に出て行ったみたいです。なんと変化が速い笑

尿は物理だけど、エネルギーでもあるね!!と大笑い。スッキリして良かったです笑笑

面白かったのでシェアさせて頂きました😆🙏💕✨

写真は、セッションの内容ドンピシャなカード。

筋肉反応でカードを選ぶのですが、

どこで話を聞かれてるんだろうね?!と笑ってしまいました。

明日から名古屋でIH基礎クラスです

ノートパソコンが使えなくなってしまって…

助けてもらって、デスクトップでパワポが使えるようになりました。

人ってありがたい。。

みんながテキストをひっくり返さなくていいように、補助資料を作りました✨

真ん中の絵がすごいでしょ笑笑

インテグレート・ヒーリングIHを表現することについて

インテグレート・ヒーリング、IHに関しての表現は、それぞれで異なっていて良いと(ユニバースに確認して)自分に許可を与えました。

「愛」がベースであるIHは、女性的が理解しやすくて女性的とも言えるけれど、その中にはコーチング的要素もあって、男性的とも言える。そして、共同創始者が男女のパートナーだったことからも、どちらの性質も含むことも容易に理解できるから、私のIHの表現は男性的かもしれないけれど、多様な視点はむしろ良いと結論しました。

私がIH創始者から言付かって、IH基礎クラスでお伝えしている「IHで大事なこと」は、たった3つだけ。

それを逆に読むと、

IHに関して「間違っていること」は以下の3つだけです。

・自分の知識や能力に依存すること

・その人の存在を信頼しないこと

・グル(尊師)になろうとしたり、誰かを崇拝すること

実にシンプル。でも、シンプルこそ奥深い。

さて、それが分かれば、あとはそれぞれが受け取るギフトとしてのIHを語ればよい。

…というところも含めて、IHは良く出来ている(ユニバース由来だから当たり前っちゃ当たり前)と思うのです。誰かの利益のためにこねくり回して作ったものではないから。

だから、IHをやる人は、好きにIHを語ればいいさ!

きっと自分がもっと自由になるから、必要な人に届くと思います^ ^

◆IH基礎クラス練習会(クラス修了者さん対象)

9/11平日版

https://www.facebook.com/events/487013055415419?sfns=mo

9/22休日版

https://www.facebook.com/events/2500469726679598?sfns=mo

◆9/13動画を観る会

https://www.facebook.com/events/502712043624485?sfns=mo

◆9/17名古屋IHゆる茶会

https://www.facebook.com/events/754493481638291?sfns=mo

◆9/28.29名古屋イベント(IHブースno.27)

https://www.himecorazon.com/29/booth/027

(出展者募集中)

◆11/2.3東京イベント(スワアカネ11/3にスピーチします)

https://www.himecorazon.com/30/top

(出展者募集中)

◆11月中旬名古屋・福岡出張予定

◇IH基礎クラスの地方出張は、往復交通費&会場費を参加人数で折半頂戴しております。

地方出張でのIH基礎クラスと合わせてのIH個人セッションや他イベント出展のお誘いなど、折半のご負担が変わりますのでお気軽にお問い合わせください。

筋肉反応(筋反射)と直感

筋肉反応テスト、筋反射バカでもうええわ、

と開き直って早数年。

誰に言われてもやめないでいた結果、

直感と筋反の答えの違いが出る理由がわかりました!

地球意識か宇宙意識か、が鍵です。

私たちまだ地球で生きてるから筋反は有効。

だけど時と場合で使い分けると良いみたいです。

気になる方は聴きに来てね。

https://www.facebook.com/events/423001265234509/?ti=icl

昨日は、大阪でのIH基礎クラスが延期になったおかげで参加できることになった、9月の名古屋・姫コラソンというイベントの交流出展会に行ってきたのですが、何が吉となるかは、その時にならないとわからないものです。ストーリーはいつでも書き換え可能で、自分が選択しているのです。

なぜ行ってよかったかは、あらためてブログに書きます。思った以上に価値ある企画でした。

昨日の現場写真を頂いて、自分が自分の思っている顔ではなくなっていることに気づいて、とても不思議な気持ちです。強い系の顔になってる感。。強い霊力者系の。。

自分的には抵抗あるけど、初めてお会いする人には私の顔がどんな変化をしたかなど関係なくて、私が何を提供するかしか興味がないだろうから、私の抵抗なんてただのエゴなんだろうな。自分を薄めた結果そんな顔になるのなら仕方がない。

昨日言われたことですが、「悪口を言われるのってすごいじゃないですか!どうでもいい人は悪口を言われないから、妬まれるくらい成功する存在なんですよ」と。

いや成功なんかしてないし妬まれるのだってやだよ、と思った瞬間気づいたのは、もしかしたら、自分は無意識にそれを知っていて、妬まれないように、同情される立場になろうとしていたのかもしれない。中学生の時に、モテたい女子たちが面倒で、「私は争いません」と極力女子気を出さないようにしたのと似ている。それで「私は成功を争いません」と同情されるべき現実を引き起こしていたとしたら、ほんとこれ自作自演だわ😂笑。

言いたい人は、何をしても何か言うし、人の噂に惑わされる人も、それはその人の人生なのだからそれでいい。私のことを好きになりすぎて嫌いになる人がいても、それもその人の人生の中で私というアバターを使う必要があったのかもしれない。人生の学びの中で他者との関わりとは、そういうもの。

というわけでこれからもどんどん顔が変わりそうです。自分の顔も好きになっていきたいなあ。

わかりっこない諦めを持ちながら近づく

私がキネシオロジーを始めたのは、「全てのに納豆やバナナが合うとは限らないだろう」という疑問も大きなきっかけだったけれど、

「個々の人生なのに、お前に何がわかる?」

と、自分にも他人にも思ったからでした。

当時整体師だった私は、施術後に患者さんにアドバイスをすることも仕事のうちだと教わっていました。

二年間通った整体の学校で習ったことを、もっともらしく伝えて、役目を果たしていました。それは、患者さんにとって必要なことばかりではなかったと思います。なぜなら、患者さんの生活の一部始終を見てもいないし、その人がどんな環境でどんな気持ちで育って今があるのかも、わかりっこないからです。

それは、私に親切にアドバイスをくれる人に対しても思うことでした。見かけだけで判断されて、なんの悩みもない子だと思われがちだったので、誰も私のことなど理解する人はいないと思っていました(当時は明るそうに見えない子が羨ましかったけど、自分のギフトを受け入れ使うための学びを子どもの頃からずっとやっているのだと思います)。

だからこそ、筋肉の反応を通してその人に必要なものだけを提供するキネシオロジーは画期的だと思ったし、それを愛してバカみたいにやったからこそ、その筋肉の反応もバイアスがかかりやすいものだと認識できて、IHの「ただの筒になりなさい」という教えが本当に重要なことだと理解しています。

全て空っぽになることは出来ないけれど、それに近づく努力をする。

自分のことも他人のことも、そして地球や宇宙の全てを理解することはできないけれど、それに近づく努力をする。キネシオロジーは、分離を意図した非分離、という両側スレスレのスタンスであるべきなのだと思います。

2012年の自分。

ブログにアーカイブしようと思って、2012年のFacebook投稿を見るのだけど、この時の自分が可愛くてしかたない笑

お勉強したこと(インテグレート・ヒーリングやタッチフォーヘルス)を実践できるのが嬉しくてしかたなかった、この時期。
家を出発した坂道で青い空を見上げて、生きていてよかった、と思ったのを覚えてる。

 

この時の自分は、自分のことをかわいいと思う日が来るとは思いもしなかったし、日々必死で闇から抜け出そうとしていた。

 

不安もたくさんあった。

 

そしてまだこの時は、次の世代の土台となることや全体性など考えられなかった。

今の自分はおじいさんみたいだなと思うけれど、7年後の私が今の私を見たら、それなりにかわいいと思えるのかもね^^笑

↓現在のFacebookページです✨

自分についての話の聴き方

紅音さんのファンなんです!

と、誠にありがたいお言葉を頂戴している時に私に起こることは、全身の毛穴が開いて汗が噴き出そうになること。。

このままでは冷静に話が続けられない、、

そこで、「ではスワアカネという代名詞だったら」というテイにして、話を進めました。

元々の話の運びの目的があったのでそんな風にして基軸を戻したわけなのですが、

ふと今日になり思ったことがあるので書き記しておこうと思います。

良い言葉でも褒められ慣れなかったり、特に不意打ちだとめちゃくちゃ動揺するので、そんな時は「私」そのものでなく「スワアカネ」が褒められていることにする。そうすると、衝撃を受けないし、冷静で落ち着いていられる。

そうであるならば、

良くない言葉でも同様にしたら、衝撃を受けずに済むのではないかと。

よく、自分そのものを否定されたと思って死ぬほど落ち込んでしまう方がいるかと思うのですが、自分本体と切り離してみると、パニックにならずに済むかと思います。

人から言われることは、自分全てのことではなくて、ある側面についてのことなので、自分の全部が肯定されたり否定されたりするわけではないんですね。

だから妙にテンパる必要もないし、冷静にお話を伺えばいいんです。

というわけで、これからのスワアカネは、褒められても貶されてもクールに佇んでいるかもしれません笑

褒められた時、にっこり笑って「ありがとう♡」とスマートに言える人が素敵です。そうなるようにトレーニングしている間は顔がおかしくてもご容赦ください🙏✨笑

紅音