自分についての話の聴き方

紅音さんのファンなんです!

と、誠にありがたいお言葉を頂戴している時に私に起こることは、全身の毛穴が開いて汗が噴き出そうになること。。

このままでは冷静に話が続けられない、、

そこで、「ではスワアカネという代名詞だったら」というテイにして、話を進めました。

元々の話の運びの目的があったのでそんな風にして基軸を戻したわけなのですが、

ふと今日になり思ったことがあるので書き記しておこうと思います。

良い言葉でも褒められ慣れなかったり、特に不意打ちだとめちゃくちゃ動揺するので、そんな時は「私」そのものでなく「スワアカネ」が褒められていることにする。そうすると、衝撃を受けないし、冷静で落ち着いていられる。

そうであるならば、

良くない言葉でも同様にしたら、衝撃を受けずに済むのではないかと。

よく、自分そのものを否定されたと思って死ぬほど落ち込んでしまう方がいるかと思うのですが、自分本体と切り離してみると、パニックにならずに済むかと思います。

人から言われることは、自分全てのことではなくて、ある側面についてのことなので、自分の全部が肯定されたり否定されたりするわけではないんですね。

だから妙にテンパる必要もないし、冷静にお話を伺えばいいんです。

というわけで、これからのスワアカネは、褒められても貶されてもクールに佇んでいるかもしれません笑

褒められた時、にっこり笑って「ありがとう♡」とスマートに言える人が素敵です。そうなるようにトレーニングしている間は顔がおかしくてもご容赦ください🙏✨笑

紅音

新年からの自分の選択

新年あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になり、ありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

例年、大好きな神社で祈祷をして頂くのですが、今年はどうも気が向きませんでした。それよりも何かがあるような気がして、モヤモヤしながら調べ物をしていました。

神社庁に属するか属さないか、という視点が自分になかったもので、調べてみると、政治へのお金の流れやらめんどくさくなってしまって、お社に神様なんているのかな?なんて思ってしまう不謹慎な正月でした笑

そんな私のスピリチュアル的思想は、自分たちが神さまの中に存在する、という考え。

暮らしの中に神さまがいるんでなく、私たちの暮らしが神さまの内部にある。

でも、存在が大きすぎて、日常を生きているとつい目の前しか見えなくなり、忘れてしまうんですね。そうすると孤独感や不安感、恐怖に苛まれるので、それが「大いなるものを忘れた」というサインになります。

大いなるものを信頼し生きること、それが重要なことだと知っているのに、大きすぎて忘れてしまうから目に見えるお社やお守りなどの物質的な要素が必要なだけだったのかなと。

決して神社アンチではありません。神社さんにはすごく気持ちのいいところもありますし、たくさん救われて来ました。

何も考えずに良いことや習慣のように行く神社ですら、マスコミに操作されていないかどうか、その可能性に気を巡らせる時も来ているのかもしれません。そうではなければそれはそれで幸せです。

何かを選ぶ時には、エネルギーを自分で感じる、または筋肉反応テストで自分に合ったもの、神社、全て自分で選べたらいいんじゃないかなと思いました。

自分を知り、自分の宝を使っていきましょう。

紅音

2018年の終わりと2019年の始まりに向けて

2018年もたくさんのことがあって、たくさんの出会いもありました。

いつものことながら、たくさんの方にお世話になりました。本当にありがとうございます。

様々な変化を迎え、いまこの時が一番幸せだ、と思う日々が増えました。

きっとこれからも、今が一番幸せだと思う日々が更新されていくことでしょう。

自分の目指す方向性も、少しシェイプされて、他の情報に揺らぐことが少なくなってきました。

私には、私にやれることをやるのみなので、他の誰かを目指すことが本当に意味のないことだと心底理解した年になりました。

それは私の望む世界で、私がその世界を体感できれば、きっと私に関わる人もそうなるのが当たり前になって行くと思っています。

私が普段行うインテグレート・ヒーリングでは「グル(尊師)を作らない」というのがベースにあり、それが私はとても気に入っているので、個として煌めく人が全体の煌めきとなれば良いと思って、先をみてセッションをしています。

2019年は学びと発信の年として、暴れまくります。

多分まとまらないと思います。

その事を自分に許し、わかっててやるので、もしかしたら今つながりのある方からもっと好かれなくなるかもしれません。

でも、もっと先へ、面白がれる人たちと遊びを広げて行きたいです。

なので、お互いに義理や義務感なく、自由な繋がりのもと、自分の道に邁進し合える関係性を、うれしく思います。

個であることが全体に繋がること、中学生の頃からの構想を現実に動きとして行えることを喜びつつ、全体の中の個として皆さんと共に在りたく思っています。

今年もたくさんお世話になりました。

新年からもどうぞよろしくお願いいたします!

紅音

いろんな投稿をするもんだから。。

時々、迷いも生じるのです。

個人事業の成功のセオリーとは違うことしてる、っていう意識はあるもので、

どんどん減った「いいね」にやっぱり自分間違っているのかな、とか弱気になることも時々はあるんです。

それでも自由に書くことが私を活かす道だと今年複数の方からメッセージを頂いて、私はそのまんまな自分を活かすことを仕事で伝えているものだから、自分の道を歩むと決めて書き続けるのです。

そんな時に、何かの記事のきっかけに時々ポコっとメッセージをくださる方々がいらして。

この時は、Facebookでのシェア記事についてでした。

記事を書くのって、小学生の頃から作文を書くのが好きだった私には、自分の好きに書くことは苦ではないのですが、それでも時間のかかる生産行為で。

そして、みられたくない人からもみられてしまう、裏でどう思われ何を言われるかわからない、人の念が飛んで来やすいのも知っての上で書いているので、それなりにエネルギーは使っているんですね。

一応は自分のいのちを使っているので、書いたものが誰かに届いたことを知れるのはうれしいです。

代弁者であるとしたら、矢面には立ちやすいですが、書くことが好きなギフトが自分にあるならばそれをする意味がきっとあるので、これからも好き勝手に書いてどなたかの何かにつながれば良いなと思います。

私は普段、感想文を求めることはしないんですね。勇気を出してお願いしてみたこともありましたが、「感想文を書く」というタスクをこなして欲しいわけではなく、もうそこで気持ちの純度が下がってしまう感があり。。

ふとした時に本心から出るもののバイブレーションが高く、それを受け取った私と、伝えてくださった方とに響きあう嬉しさを意識的に倍増させようと「宝物お言葉集」を作りました。

ブログ上では言葉(メッセージ)のコレクションをしていますが、言葉が無くても純度の高い愛や感謝のエネルギーはすごくよく伝わります。

もし、私に伝えたくても言葉にできない場合は、直接お会いした時にそう言ってくださったらキャッチできるかと思います(ストレートで純度の高いものは伝わりますが、自分のこと認めて欲しい的なエゴ発信は高いバイブレーションで伝わってこないのでわかってあげることはできません。ごめんなさいね🙇‍♂️💦)。

「代弁してくれてるようで嬉しいです」

という言葉に響きました。私も嬉しいです。

ありがとうございます❣️

「嫉妬」はクサい靴下を嗅いでしまうようなもの

ここのところ、やけに「嫉妬」「嫉妬心」を身近に感じさせられることがありました。

男性からの嫉妬のエネルギーが身体中に刺さっているとか(女性からの嫉妬じゃないのね。そのこと自体は嬉しいけどなんとなく複雑なキモチ笑)

嫉妬のエネルギーを他の人へ向けてしまった人の話や、

生き霊レベルで中に入って、無意識の領域で私の生命エネルギーを消そうとしていたりとか。

男性の嫉妬は、パワフルです。

しかも、複数だったみたい。

特定はしていませんが。。

そのエネルギーを好きなことに向けたらすごいんだろうなと、もったいなく思います。

私も嫉妬くらいしたことはあります。かなりしんどかったです。臭い靴下を何度も嗅いでしまいながら止められない感じ。

でもそこまで行くと、いわば趣味のようなものなんですよね。その靴下を捨てるなり、洗濯して大事に保管するなり、臭いを嗅ぎ続けるなり、選択するのは本人なんですもの。

そして私や皆さん、全ての人間がすることは

「自分を生き切って死ぬこと」

それだけを考えれば良いようです。

IH基礎クラスを受けてくれたナオちゃんが

基礎クラスの内容だけで大セッションをしてくれました🙇‍♂️🙏✨

寿命が延びたかな??😆笑

どうもありがとう❣️

日本に思う、自分にやれること

日本でヤバい感じのこと(水道民営化とか沖縄事情とか)が起きているのに、どうしていいかわからない。

とりあえず自分のことをするしかなくて、きっと私を含む多くの国民が日常に逃げているんだろうなと思うと、悲しい気持ちになるのだけれど、最終的には自分にできることをするしかないから自分に出来ることを考えてみた。

・自分で選択した人生に責任が持てるようにする

・幸せになっていいと自分に許可する

・自分自身のイライラやモヤモヤを解決していって、そういう人を増やして日本全体のエネルギーを変える

・人の噂や報道に振り回されずに、自分にとって必要なものを自分が決めて選べるようにする

・そのためにやれることをやる、そのために健康な心身を持つ

こんなこと書くのも情けない思いだけれども、セラピストの役割でもあると思うので書いてみました。

死ぬ時はどうせ死ぬし、役割が変わる時なんだろうなと思うから、生にはさほど執着しておらず。

自分の仕事が何に繋がるのかを意識することくらいしか出来ていない今だけど、意識で世界が変わるというのが本当ならば、それをこの目で確認したい。。

紅音

自己対話によるバランシングのあれこれ

「デキない前提」

あることで身体が反応したのでセルフバランス開始。

椎間板に情報が蓄積されていることに気づく。

あまりに深いセルフセッションで

一人で泣き出す。

自分は本当はこうしたかったんだ、と

奥底からの深い望みを

身体の反応で知ることになる。

感情で泣いているのではなく

反応として涙が噴き出すのである。

子どもの頃に言われたこと、

養われないと生きられない子どものやるせなさ、

自立、人に従う人生、

これまでの様々な出会い、

それにより学びとなっていった幾つもの出来事

Joy、心の底からの繋がり、

人は人を愛したいだけ。

人を愛することには、自分を愛することも含む。

ひとえに喜びの存在であることの、

シンプルな喜びが

魂のバイブレーションを起こす。

細胞は振動する。

「出来る前提で日々を送る」

膀胱系のアラームポイントのエナジャイズで

また様々に体感し見えてくるもの。

たったこれだけのプロセスの中で

身体に蓄積されたデータの変化に現れて

身体の動きや痛みの反応、気持ちの動きとして

顕在化する。

何が起きているのかなんて全て説明することが

果たして可能なのか、そのこと自体に意味があるのか…

「何のためにそれをするのか」だけが掲げられていれば、ツールは何でも良いように思う。

留まれない自分に不安を感じつつ期待に満ちている。

前半と後半の中休みの日に

いろんな人がいて良い、という体現を実際に行うのは結構しんどいけれど、それをやることで選択が増えるならばこんなに豊かなことはない。

それを生き切るとどうなるのか、インテグレート・ヒーリングを通して伝えることがここしばらくの私のお仕事。って腹に決めて!!自分!!!

Integrated Healing – Healing Pathway 再受講2日間終了しました。

ロサンゼルスに来て3日め。

眠すぎるので概要のみ。。

IHの基本の説明を受けて、今日から少し実践。

私は何度も再受講に来ていて、びっくりされるのだけど(すでにやっているのにまだなんでそんなに勉強するの?って)

いろんな思いがあって、

変化への覚悟もしながら海を越えてきました。

セッション実習の体験では、創始者マチルダの、寄り添うけど頼らせないスタンスを学びとして見つめることができました。

あとは、ひとに伝えるためでなく自分のために話を聞くよう筋肉先生にスタンスを直されて、 全くその踊りだと思いました。

明日もチャレンジは続きます。。

眠くてスマホを落としながらの更新でした。

変わる時は

こんなとき。

自分が変わるとき。

印象深い夢を見たり、

やけに気に障ることが増えたり。

もうそこには自分は居たくない、居られない

飛び出るベクトルが育っているのに

周りが色々見せてくれる。

その苛立ちが自分の世界のものでしかないことを

全て受け入れて、育ってしまったベクトルに

乗っかるしかない。

外側への反応は、全て内なる反応。

何をしないか、何をやめるか。

見たことのない世界は怖い。

しかし全て自分で決められる。