想念のようなものからの気づき

不自然に眠くなる時、何らかのメッセージを拾っています。

最近は、ご縁の遠くなった方のことが増えてきたというか、私がキャッチして私に何か気づく必要があることに関するものが多いです。というか、基本的に全てのことは何かの気づきと学びになります。

先ほどは、またグワンと眠くなったので、「あ、きた」と受け取り体勢に入りました。

まどろみつつ筋肉反応で確認しながら進めます。

私自身のことなのか、他の人のことなのか。

「他の人」で、アルファベットが浮かんできました。

え、誰だろう…と確認し続けると、ある方でビンゴ。

詳細は省略しますが、拾った情報は、

・その方が私に複雑な思いを持っていること

・なんでその方が以前私にこだわっていたのかというと、私ならその方を理解してコントロール(導き)ができる⇆でもコントロールされたくない(変わりたくない)という、自分でも説明ができない気持ちの中でのキーパーソンだったから(私が)。

もしかしたら、それは「念」と捉えて、プロテクションが必要に思うことも出来るのかもしれません。以前の私なら、そういうエネルギーが飛んできた時には具合が悪くなっていたので、必死に自分を守ろうとしていました。

でも、ひとは変われるものですね。

そうやって私を思った時間がその方の中にあったことに、感謝を覚えて、「ありがとう」という気持ちになったので、感謝のエネルギーを送りました。

他にもいくつか、こうしてメッセージを拾っているのですが、これは今のタイミングで私にも必要なメッセージなのでしょう。

私に心を閉ざした方のメッセージも拾いました。その方にとっては、私は「愛を与えてくれる人」という立ち位置だったようです。しかし一方で私は、さまざまなプロセスを経て、自己信頼のプロセスに入り、自虐を終わらせ自分に愛を与えることに集中し、各々が自分自身を愛することができることを信頼できるように目指しました。要するに、人に愛を向けることによって自分の不足感をごまかすことを止めたのです。

その時に、「愛されなくなった」と感じたかもしれないその方は、「愛されないダメな自分、と思った過去の痛み」が引き起こされ、そこに痛みの怒りを感じるけれど、愛を請求することもできず、心を閉ざすしかなかった(のかもしれない)。

こういうことは、心を扱う職業の人にはよくあることだと思います。クライアントさんは心が弱っている方が多く、それだからこそセラピーの役割があるのですが、そういったクライアントさんは、自分を卑下する分、人を過剰に尊敬してしまいやすい。

でもそれは、その方にとってのドラマ。

そして私は、これまでだったら心を閉ざした方に「愛されなくなった」と狼狽するパターンでした。外側基準だから不安になりますよね。そしてその方の欠乏感と自分の欠乏感を埋めて、共依存。

私の本音は、誰のことも縛りたくないし、囲い込みたいとも思わない。他人に自由を与えないのは自分が自由じゃなくなるから。

今の私は、「私が私でいることを徹底する」そのことしかする必要がなく、とにかく内側を外側にするメビウスの輪を自己内に確立させること。

いつかの再会の時に、これらの時間全てを愛に変換しているのが見えるから。

それぞれの学びのプロセスを尊重し合いたいです。

愛してるよ。

紅音

雑記:ビジネスでわかったこと

※先にお伝えしておきます。「ビジネスで成功したい人」には役に立たない情報かと思います。笑笑

ビジネスのやり方は、成功者の真似をするのが一番!

と言われているのに、それが出来ない私。

それをすると、自分ではなくなってしまう感、自分に嘘をつく感、そうすると、自分の行うセッションに自信がもてなくなるから仕事に影響してしまう感=絶対やりたくない笑

情報発信の仕方にしたって、読者に有益な情報を「与える」というのがどうにも違和感でしかない。

みんなの心が響くような言葉なら、20年近く前に自分のホームページを作ってやっていた。そのうちに、言葉が先走り、自分とかけ離れ、文字だけが立派な人を演じていた。

だから、ブログなるものが誕生した時は、飛びつかなかった。また言葉が上滑りするのが嫌だった。

でも、それを越えるタイミングの波が来た2011年、自分の心にある決め事をして参加した。「かっこつけない文章を書く」と決めたのでした。

それからは、恥ずかしながらも自分丸出しの文章、自分丸出しの文字の羅列…好き嫌いは分かれると思います。ビジネスを教えてくれる人には評判が悪かったです笑

ここ最近も、文章の書き方を変えた方がいいんじゃないか、と思ったりすることがあったのですが、それは、「読者のため」を考えると、私の情報はそんなに有益ではないような気がしたからです笑。

だけど、「マイダンジョンカード」なるもので自分の資質を見た時に、私の持っていない資質が「人のために尽くす」だったと知りました( ;∀;)。。

確かにそれをしてしまうと、エネルギーが滞るんですね…。自分を抑圧してしまうんです。そしてうまくいかなくなって、終わり。

ではどうしたらいいのかというと、私の場合は「我が道を行くことが人に貢献することになる」。数秘術によるところの私の人生のテーマである「リーダー」とは、人を導いてあげるものではなくて、道なき道を勝手に通ることで、その後にそこを通りたい人が人が通りやすくなるということのようです。

だから人の真似をしようとするとしんどいんだ〜。

と、思い始めた頃、似たようなことをしている人を見つけて、自分の属性を理解しました。ある人気ブロガーの人は、人に有益な情報など書こうとしていない。ひたすら自分を見つめて、その生き様を記録しているだけ。

ああ、私はそっちのタイプだなあ、と、理解したのでした。

もちろん、いろんなタイプの人がいるから世界が面白いわけで、がんがんビジネスをやるのが好きで得意な人はそれを楽しめば良いわけです。誰もがそうしないとダメ、っていうのがおかしいのです。

よくあるのは「人のいう事聞かないと成功しないよ!」と言われてしまうやつ。これは、それを言う側の方や、その通りにしてしまう方が、かつて親御さんやその他大人たちから言われて不安や恐怖を味わった傷なんじゃないかな。

そんなこんなで自分を見つけ出し、私はすっかりビジネスのセオリーの蚊帳の外に出てしまいました。というか、そのことを自分にゆるしました。

ビジネスの戦略を立てる、というと、クライアントさんや同業の方たちに敵とか捕虜のようなエネルギーを付けてしまうようで、自分がしたい事や見たい世界とは違うから嫌だったんだ、ということにも気がつきました。

これからも、何も考えずに、動かされるままに動くトレーニングをひたすら続けようと思います。それで私がしあわせに生きていけるならビジネス成功でしょ?その方が自分のことを信じられるから、仕事に矛盾がなくて、それだけでもハッピーです。

それに、私の人生だから、何をしたって私が面白がれれば問題ないのです笑笑!

紅音

12/26現価格最後のIH基礎クラス

予祝(よしゅく)で叶える

予祝、というものを経験してみました。

叶えたいことを、既に叶ったように口に出して、聞いてくれる人たちに予め祝ってもらうのです。

そうすると何が起こるかというと、
・言い出しにくい(と思っている)願望が言いやすくなる
・なんとなく、もう、やれる気がしちゃって、やれた感がある

それによって、何か安心感があるのです。これはやらないと分からないやつ。
今度のIH基礎クラス練習会でもやってみよう✨

ちなみに私は、
・自分の行動にもっと自由を与えて楽しみました
・こどもヒーラー養成講座のIH基礎クラスを開催して、こどもヒーラーを増やしました
・誰かと一緒にコラボしてIH基礎クラスをやりました
・オンラインセッションで距離関係なく初めての人へのセッションが増えました
・日本や世界各地でいろんな人と共創、共働してエネルギーのつながり合いを楽しみ、共に成長しました
・こどもの頃に熱中したことを再開しました

まだあるけど、これをもうやれちゃってたらどんな気分かを先に味わうと、そこはもう知ってる世界になるので、あとはその知ってる道をご機嫌に通るだけ😚🎶

2019年の終わり、ぜひ皆さんもやってみて❣️

紅音

12/26(水)IH基礎クラス1日目開催決定!

雑記:今日のセルフIH〜愛と欲の違いがわからなかった

さて今日も布団の中でセルフIH、きっかけは、やることをメモしていた時に湧き上がった違和感から。

内蔵(内臓)のエネルギーと対話するセッションのモニターを取りたいなと思っていて(というか例によって筋肉先生の司令なのですが)、ふと、今自分にやればいいじゃん、と自分の身体で実験し始めたのです。

胃から感じるエネルギーは「疑問」。辿っていくと、胃と口のエネルギーが繋がっていないことがわかりました。さらに、お互いがお互いに苦労させられているとでもいうような関係性。さらに辿っていくと、「愛している」「大好き」という言葉のエネルギーに対して自分の中で遮断される感覚がありました。

実は先日、ある女性から「大好き❣️」と言って頂いた時に、自分の身体反応の違和感を覚えていたのでした。何のストレスがあるんだろう?と思っていたのですが、「愛」と「欲」の違いがわからなかったことが原因だと判明。

それに気づいた時、過去のエネルギーがどっと流れて、人の「欲」を受け入れなければならない、と思い込んでいた自分の苦しさに気付きました。

人間関係において、欲のエネルギーが入り込んでいました。親との関係においても、親の欲で支配されることもあったし、友人関係も、欲で繋がれ縛られることもあった。恋愛関係では、人に好かれることは怖かったし、恋人になってからはセックスは愛がなければ出来ないけれど、欲のエネルギーを愛だと思い込もうとしていました。これは身体の機能として分かりづらく設定されているものなのかもしれないけれど、「愛」と「欲」のエネルギーは、全然違うということが、今ならよく分かってしまいます。。

そんなことがあって「愛してる」「大好き」は、欲で縛るエネルギーの言葉としての意味合いに認識してしまう、プログラムの混乱が生じていたのでした。だから受け入れることも、自分がその言葉を発することにも、違和感があったのでした。

それに気づいた時には、長年の苦しみから解放されたような、湧き上がる涙が吹き出ましたが、淡々とシンプルなIHのプロセスを進めて、「愛の音を発する」という目標のエネルギーに調整した結果、胃と口のエネルギーが繋がって、調和していって、胃のエネルギーが穏やかになりました。

この内蔵(内臓)のセッションは、いずれモニターさんを取るように筋肉先生に言われています。対面から始めたいのですが、優先順位的には、オンラインセッションを今年はやり切りたいので、その後になる予定です。

内臓(内臓)のモニターセッションを始める時には、ぜひよろしくお願いします^ ^それまで自分の身体で実験を続けますね!

★オンラインセッションについては別途ご案内させて頂きます。初めての方にさせて頂きたいのですが、これまで受けてくださった方々にも、何か出来ないかなと探っているところです。

紅音

ラジオトーク、紹介されてました(ありがたや〜❣️)よかったら聴いてください✨

雑記:自分の人生の、小さくて大きな出来事からの解放

昨夜はたぶん、20時前には寝たと思います。やることたくさんあったのに。。でも、自分の内側に従う練習を徹底している時なので、自分の中の周波数メーターのようなものに従いました。

いろんな夢を見ました。私の人生にお別れを告げているのかな?と思うような。

その夢からの伝言があるのか、朝に目覚めてから確認してみました。

ある感情の周波数メーターが感知しました。

それは「やりすぎてしまう」こと。

人の要求に対してやりすぎてしまう自分、その原点は、2歳頃の記憶と結びつきました。

産院で生まれた私は、隣のベッドで数時間差で生まれた子と、母親同士が仲良くなったため、時々一緒に遊ぶことがありました。私の方が後に生まれたからか、私が奴隷の役になっていました。

彼女を背中に乗せて馬になりました。
彼女の要求に応えました。とても嫌でした。
でも、嫌と言えませんでした。
母親同士が仲良くしているし、彼女には遊ぶきょうだいがいないから、私がその役をやるしかないと思ったのです。すごく嫌でした。

だけど、仲良しのふりをしなくてはならなかったのは、親同士の関係のためです。

幼稚園に行くと、また別の子の要求に応えました。

それを繰り返したんですね。あとは、発生したプログラムのままに動くようになっていました。

ーーー

さて、インナーチャイルドのセッションをするかな?と思ったのですが、そうでなくてよい、と。

筋肉先生に確認して、2歳のわたしの話を聴きました。

2歳のわたしをだっこして、胸の中で泣くのをゆるしました。彼女は言いたくても言えなかった、嫌だった、くやしかった、かなしかった、ママが守ってくれなかった、とポツリポツリと打ち明けました。それを、彼女の背中をさすりながら、だっこしながら聴きました。

彼女が安心して眠った頃、さて私はこれからどうしようか、自分の周波数メーターと照らし合わせました。今日はやらなければならないことがたくさん。いつもなら、焦りながら行動し、時間ギリギリまでバタバタするし、誰かの目を気にして、勝手に「合否」判定をされるような気持ちでいたことに気づきました。要求に応えなければ不合格で人から見放されると思ったのでしょうね。
 
母親との関係だけでなくて、友だち、特に、自分が守らないといけないと思ってしまうような人たちに対して勝手に自分をそんな立場に置いて、勝手に要求を読んで応えるように頑張ってしまう。そもそも、母親のことすらも、こどもの頃から、自分が守らないといけないんだ、と思って、守ってもらえているという感覚は無かった。
 
私がキネシオロジーを学び始めた頃、私にとって重要な価値観は「安全、安心な空間」だと知りました。それを求めていたことすら気付いてなかったのでした。母親の子宮の中にいた時から、安全ではなかったのでした(ネガティブな情報が伝わってくることが多く、父親の暴力もありました)。
  
自分を守ってくれる人を探そうともしたのですが、それは間違いを知るための行動でした。結局、自分を守ってあげられるのは、自分自身でした。

いろいろ拗らせたけど、私はこんな感じの彩り豊かな人生を味わってみたかったんだと思います。それによって、同じような感覚の人を見つけたりする喜びもあるし、「自分自身」との再会という、一番面白いところを味わえるから。。
 
そんなわけで、勝手に感じていたプレッシャーは無しにして、やれなかったことを正直に伝え、もう焦るゲームも終わりにします。そのことを感じた時のホッとした波動、その周波数メーターを保持してみることにします。

そうしたらきっと、焦ったから出来た、とか、頑張ったから出来た、とか、頑張るから達成できる⇄頑張らないと達成できない、とか、そういうのは幻想だったと知れる気がします。

頑張らなくていい、というのは、そういうことなのでしょう。

一番活躍できるはずの30代まるまるを、「頑張った結果」うつ病を煩わせて、いろいろ拗らせた私も、そろそろ人生まとめ時期に入ったかな^ ^

紅音

12/17はライブ配信します!

人生を創る眉施術公開イベント

個を活かすこと・自我が薄れること

ヒーリングに覚悟を決めて「どんな深いのでも出てきてOK」と心の奥の扉を開いたら、ちょっとえらいことになって(というか、これまで出てこれなかった深いテーマがヒットしはじめた)

セッション後の数日間のサポートまでできるメニューを用意したいな、と思い始めています。

私は自分が施術をやる側だから、こんな状態になっても筋肉に確認しながら、のたうち回りたくなってもどうにかできる(というか結果的にそういう流れだったらしい、自分を癒すためにもがいてたらヒーリングを降ろしてた)けれど、普通に生活している人だと抑えて体裁を整えてしまうのが普通だと思う。

いま、私のセッションを受けてくださる方々のほとんどは、ご自身でも人を癒したり勇気づけたりする立場の方が多く、そして、私を選んでくれるのは、安心して何でも話せるから、という理由が多くて、それは私がセッションの内容をどこにもシェアしていないことと、誰にも言えないようなダークなこと(と普通なら思われそうなこと)でも、普通に話が出来るからだと思われます。

普通の会話では話せないような、辛かったこと、仕事のことだけでなく家庭の事情、性癖のこと、恋愛のこと、自分の中に押し込めて、無かったように振る舞っていることなど、必要があればですが、クライアントさんだけでなく自分の話もシェアするように筋肉先生に指示されるので、きっとそうすることでイーブンな場を保てるのでしょう。

安心して何でも話せる、と、よく言って頂けることがありますが、それは「私が」解決してあげようとしていないからだ、ということも、IH基礎クラスを行う中で理解を深めて来ました。



私自身はものすごくダメ人間なのに、それでも生きていられるというのは、そのダメっぷりが価値あるものなのだと捉えることも出来るわけです。いよいよ頭のおかしいことを言っているようですが、これまでの刷り込まれた価値観は正反対だと思ってもいいような時期に来ているので、私はこの「ダメなところを活かす」生き方をやってみたいと思います。

こんなのも、普通に書いて理解されるかわからないけれど、ほぼ私の中は空っぽの状態で書いています。個の特徴を活かすということは、全体に寄与する個になるということで、自我は薄れるのかもしれません。

どんな自分をもゆるす、と決めて、ここ数年、ほぼ命がけと言っていい覚悟で取り組んでいます。

ゆるしたように思っていたってまだゆるせてなかった!なんてことは、普通にありますし、深い層にリーチしただけのことですから、そんな自分の取り組みを認めながら、自己を許容することに取り組んでいきましょう✨

特に、人を癒したり励ましたりする側の人は、どんどん自分をゆるしていかないと、見えない不均衡を生んでしまいがちです。人はゆるせるけど自分のことはゆるせない、など、かっこいいように見えて実は不均衡です。

自己を許容することが、自我を薄めて全体性の中に輝く個の存在として機能するのに大事なポイントです。

紅音

何者にもならない

「何者にもならない」

なんでもない一つの個、のままでいい、

神や、無条件の愛というものすら、本当は何でもないもので、

神は神になろうとして神になったわけでなく、

そのものであること自体が神であるというだけのことなのだ、

と、わかったら、

自分の存在が光の粒子になって、光と一体化して、サラサラと溶けて無くなっていく様子が見えて、

結局それが本質なのかもな、と思いました。

ひとの人生に責任を持たなくていい、

誰かのお母さんになろうとしなくていい、

母親のお母さんにならなくていい、

私は何者でも無く、

何者で無くても良い。

そんな私の強みは、明かりを灯すこと

自分がみんなとつながっており、全体の大切な一部分だとわかっていること、

経験のすべてに価値があること、

その明かりがついていれば、すべてがすばらしいとわかること

セッション中にパートナーの話もしてたので、いつかふたりで明かりを灯すことをしていくのかもしれませんね…✨

そんな自分なんて、知ってたようで、そのまんまなようで、

何一つ努力もいらないことが、自分の強みなんだなあ、と、

当たり前すぎて拍子抜けしたけれど、強みなんて、気合を入れるようなものではないのでしょうから、そんなものなのかもしれません。

何者にもなろうとしなくていい。

私がかつて大事に思っていたものの思い出は、私の一部として受け入れて統合し、ひとの人生に責任を持たなくていい、何者でもない存在として生きていけることは、

私がずっと背負っていた荷物を下ろせたようで、

すごく背中が楽になりました。

宇宙が用意してくれたヒーリング、私も練習台とはいえ本気全開で受ける機会がやってきて、宇宙の望むままに、生きながらにして、「死(破壊)と再生」を味わっているところです。

インテグレート・ヒーリング、IH、ほんとすごいです。

紅音

◆インテグレート・ヒーリングIH基礎クラス@東戸塚(横浜)12/11&16開催!

うまくいかなくても、いい

うまくいく、って、なんだろう❓

うまくいかせるために無理をしたことは、

本当にうまくいったと言えるのかな❓

「無理をしない」ということとも違う、

自分に従うということは、時に腹をくくる必要があるから、

わがままで楽をしていそうに見られたとしても、実際はそんなことなかったりする笑

現象は、意識に遅れてやってくる答え合わせだから、

何か違うと思ったら、それはただのサインでしかなくて、

そうしたら選び直せばいいだけの話。

それを確信できるための指針は、

自分の正直な気持ちで行動したかどうか。

その正直さに自信がなければ、うまくいかせるように外側に振り回されることに。

紛うことなき正直さを研ぎ澄ませて、それをスタンダードにすると、どんな選択も、発展のための参考情報にしかならない。

人に気を使うことより、自分の正直さに気を使おう、

これからはそんな時流。

紅音

◆12/11.16 IH基礎クラス@東戸塚(横浜)開催します❣️

やり方、知識に頼らない、自分の本質を生きるための「今」のお話しと体感ワーク、交換セッションもりもりの2日間です✨

IHやヒーリングに興味のある方へ、宇宙由来のヒーリングのエッセンスを濃ゆく知ることのできるクラスです💖

11/25限定企画の増席 11/26のみ追加です

すっごい速さで時間が進んでいきますね。

だけどものすごく濃い日々です。

西日本ツアーを振り返る間もないくらい。。

だけど、動画をつくりたいんだよなぁ。。

旅のシーンをちょこちょこ撮っているんです✨

それでも、最優先は、セッション(のための自分を調整しておくこと)で、なんかキテる感がすごくあるので、筋肉先生に確認して昨日の企画を増席することになりました。

https://www.facebook.com/events/545930909307521/?ti=icl

いや。。昨日のセッションも様々でしたが、共通していたものは「いまいるところからの脱出!」という感じ。

もう、そこにいなくたっていいんだよー❣️

と、自分自身に手を差し伸べていく感じ。

これね、いま気づいて泣きそうになってるんだけど笑、

ちょうど、ハイヤーセルフが自分自身に手を差し伸べて、「こっちおいで❣️もう苦しんで過ごさなくてもいいんだよ❣️楽しく生きていいんだよ〜❣️❣️」と一生懸命自分自身を助けようとしてるみたいな感じなんです😭💖

ここ最近、結構ストレートな発言が多くて(by筋肉先生)私自身もその怖さを超えるべくトレーニングしているところなのですが、私への心象が悪くなれば、それはその方の判断だからそれで良くて、私のすることは自分に嘘のない状態にすること。

そのことが、「あかねちんといると素になれる」「あかねさんには何でも話せちゃう」というお言葉に繋がっていくのでしょう、

それは私が特別能力者なのではなくて、ユニバースに繋がりスッカラカンな状態になると、誰でもそうなっていく、ということのようで、

素の状態で自分と関わり、素の状態で人と関わることができたら、めちゃくちゃ楽だと思うんですよね。。

ってそこで、私はブログを書くのにちょっと構えてたな、と気づいたので、

これからほんと何も考えずに書いていこうと思います笑笑

そんなふうに、自分が自分の次元を上げていくお手伝い、よろしければご活用ください✨

https://www.facebook.com/events/545930909307521/?ti=icl

紅音

自分の古くなった常識は棄ててOK

は〜、怖さをどんどん乗り越える感、

自分の常識枠をぶっ壊す感。。

それってめっちゃ怖いことだけど、もう同じではいられないから、自分が思う自分、などという幻想も棄てて、とにかく生きているベクトルを感じ合うのみ、

人を説得してコントロールする必要もなく、

つよくもよわくも、つよい自然のあり様、

さまざまな武装を解除し、炎症を起こすなら起こして、全てを信頼しひたすらに自分であること、そして、人も人であること…干渉しなくてもいいこと。自分の適正範囲は、人の適正範囲をも守れる。動植物の方がそれをよく知っている。

人間の方がおかしい、という意識は、宇宙に棲む生命体の一員として、持っていていいと思う。

人間が作り出した社会の限界が来てるから、さまざまな国でそんなことになっているのが見えるのであって、常識なんて幻想だったんだ、と、両者成敗な形になれば、争いはなくなる。だから、個人の内側の争いが幻想だったと気づくのが手っ取り早い。そのために今、わかってる人たちは、自分のクリアリングしまくってるんだよね。

みんな怖いって思いながら日々やってるから、大丈夫!自分の古くなった常識をぶち破って、軽くなっていこう✨

紅音

◆11/19.20名古屋でIH基礎クラスやります!ドタ参加歓迎✨

◆11/22佐賀県基山市で無料講演✨

◆11/23佐賀県基山市で個人セッション✨

◆11/24福岡県嘉麻市でお話し会✨詳細これからです笑

お問い合わせはこちらから