インテグレート・ヒーリングIHと「知識」について

私スワアカネのIH基礎クラスでは、頭を使うな、知識はいらない、としつこく伝えています。

IH創始者のマチルダがそれを伝え続けていて、私が基礎クラスのインストラクターになった時に「基礎クラスで必ず伝えてほしい」とメールをもらいました。

“インテグレート・ヒーリングIHと「知識」について” の続きを読む

インテグレート・ヒーリングIHを表現することについて

インテグレート・ヒーリング、IHに関しての表現は、それぞれで異なっていて良いと(ユニバースに確認して)自分に許可を与えました。

「愛」がベースであるIHは、女性的が理解しやすくて女性的とも言えるけれど、その中にはコーチング的要素もあって、男性的とも言える。そして、共同創始者が男女のパートナーだったことからも、どちらの性質も含むことも容易に理解できるから、私のIHの表現は男性的かもしれないけれど、多様な視点はむしろ良いと結論しました。

私がIH創始者から言付かって、IH基礎クラスでお伝えしている「IHで大事なこと」は、たった3つだけ。

それを逆に読むと、

IHに関して「間違っていること」は以下の3つだけです。

・自分の知識や能力に依存すること

・その人の存在を信頼しないこと

・グル(尊師)になろうとしたり、誰かを崇拝すること

実にシンプル。でも、シンプルこそ奥深い。

さて、それが分かれば、あとはそれぞれが受け取るギフトとしてのIHを語ればよい。

…というところも含めて、IHは良く出来ている(ユニバース由来だから当たり前っちゃ当たり前)と思うのです。誰かの利益のためにこねくり回して作ったものではないから。

だから、IHをやる人は、好きにIHを語ればいいさ!

きっと自分がもっと自由になるから、必要な人に届くと思います^ ^

◆IH基礎クラス練習会(クラス修了者さん対象)

9/11平日版

https://www.facebook.com/events/487013055415419?sfns=mo

9/22休日版

https://www.facebook.com/events/2500469726679598?sfns=mo

◆9/13動画を観る会

https://www.facebook.com/events/502712043624485?sfns=mo

◆9/17名古屋IHゆる茶会

https://www.facebook.com/events/754493481638291?sfns=mo

◆9/28.29名古屋イベント(IHブースno.27)

https://www.himecorazon.com/29/booth/027

(出展者募集中)

◆11/2.3東京イベント(スワアカネ11/3にスピーチします)

https://www.himecorazon.com/30/top

(出展者募集中)

◆11月中旬名古屋・福岡出張予定

◇IH基礎クラスの地方出張は、往復交通費&会場費を参加人数で折半頂戴しております。

地方出張でのIH基礎クラスと合わせてのIH個人セッションや他イベント出展のお誘いなど、折半のご負担が変わりますのでお気軽にお問い合わせください。

支援者の支援

「花風社の本が義母から送られて来たが負けない」という旨のツイートに、2400近くのいいねと600近くのリツイート。

発達障害は治る、というのが人によっては希望となり、人によっては暴力的な言葉となるのだと理解。よく見てみると、もう押しつぶされそうなんだよね、母親だけが子どもの世話をして。父親(夫)は非協力的な模様。

これ以上どうケアしろと?治るものを治さないのは親の責任だと??と、全てに刃を向けたくなるような気持ちも伝わりました。

支援者の支援が大事だよね。支援者はもう既にものすごく頑張ってるんだもの。

わかりっこない諦めを持ちながら近づく

私がキネシオロジーを始めたのは、「全てのに納豆やバナナが合うとは限らないだろう」という疑問も大きなきっかけだったけれど、

「個々の人生なのに、お前に何がわかる?」

と、自分にも他人にも思ったからでした。

当時整体師だった私は、施術後に患者さんにアドバイスをすることも仕事のうちだと教わっていました。

二年間通った整体の学校で習ったことを、もっともらしく伝えて、役目を果たしていました。それは、患者さんにとって必要なことばかりではなかったと思います。なぜなら、患者さんの生活の一部始終を見てもいないし、その人がどんな環境でどんな気持ちで育って今があるのかも、わかりっこないからです。

それは、私に親切にアドバイスをくれる人に対しても思うことでした。見かけだけで判断されて、なんの悩みもない子だと思われがちだったので、誰も私のことなど理解する人はいないと思っていました(当時は明るそうに見えない子が羨ましかったけど、自分のギフトを受け入れ使うための学びを子どもの頃からずっとやっているのだと思います)。

だからこそ、筋肉の反応を通してその人に必要なものだけを提供するキネシオロジーは画期的だと思ったし、それを愛してバカみたいにやったからこそ、その筋肉の反応もバイアスがかかりやすいものだと認識できて、IHの「ただの筒になりなさい」という教えが本当に重要なことだと理解しています。

全て空っぽになることは出来ないけれど、それに近づく努力をする。

自分のことも他人のことも、そして地球や宇宙の全てを理解することはできないけれど、それに近づく努力をする。キネシオロジーは、分離を意図した非分離、という両側スレスレのスタンスであるべきなのだと思います。

9/28(土)29(日)名古屋のイベントに出ます!

9/28.29の名古屋でのイベントの枠をおさえることができました!


(画像クリックでサイトに飛びます)

癒し系のイベントに出展したり、行ったりすることが苦手な私でしたが、今回はそんなエゴにも負けませんでした。目的があると人は強くなりますね笑

イベントに出る意味が、以前の自分とは違って明確になっているため、もう迷いはありません。多分、場の影響も受けにくくなっているはずです。そのイベントの場を信じることができるのは、このイベントに来られる、「れいわ新選組」の経済金融分野担当・大西つねきさんのおかげだと思っています。彼の発する情報はまっすぐで、エネルギー的に信頼できるから(結局エネルギーしかみてない笑)

よかったら動画も見てみてくださいね!

このイベントへの出展をきっかけにIHを多くの方に知ってもらって、イベントから帰って検索してもらった時にそれぞれに合うプラクティショナーを見つけて、フルセッションを受けてみてもらえたらいいなと思っています。なので、プラクティショナーさんたちも、どんどん自分を磨いて、どんどん自分のIHを発信していってね!

そして、
IHで自分を信じる力を取り戻し、それぞれの活躍の場で生き生きと物事をやりやすく進めてもらうこと、

また、

“9/28(土)29(日)名古屋のイベントに出ます!” の続きを読む