たぶん、よく死んでいる。〜Facebook投稿より

私たちは小さな死の蓄積によって生きている。

細胞の死があるから、新しく強い細胞が出来る。

昨日の自分の死があるから、新しく今日の自分が存在することが出来る。

もしかしたら毎瞬、瞬間ごとに、新しい自分がいて、

しかしそこに意識が行くと、
自分という個体の存在を認識するのが難しくなるから、
変わらない存在のように思ってしまうけれど、

そんなのは、人間の認識できる範囲でのことでしかないから、

人間にとっては真実かもしれないことでも、
宇宙的にみて真実とはいえないかもしれなくて、

おそらく我々人間には分かる機能が備わっていないかもしれないのだから、

全て分かるはずだなんて、驕った気持ちをもたない方が良いようで、

少なくとも、地球に存在するのは、人間だけではないということを、
意識してみても良いように思います。

たくさんの死があって、
私たちが生きて、
私たちもその流れの一部でしかない、

その中で何をして生きるのかを、
わからない・見えないものへの好奇心から、
探して動きまわるのが、
人間という生き物の特徴であるようです。

 

2018年の終わりと2019年の始まりに向けて

2018年もたくさんのことがあって、たくさんの出会いもありました。

いつものことながら、たくさんの方にお世話になりました。本当にありがとうございます。

様々な変化を迎え、いまこの時が一番幸せだ、と思う日々が増えました。

きっとこれからも、今が一番幸せだと思う日々が更新されていくことでしょう。

自分の目指す方向性も、少しシェイプされて、他の情報に揺らぐことが少なくなってきました。

私には、私にやれることをやるのみなので、他の誰かを目指すことが本当に意味のないことだと心底理解した年になりました。

それは私の望む世界で、私がその世界を体感できれば、きっと私に関わる人もそうなるのが当たり前になって行くと思っています。

私が普段行うインテグレート・ヒーリングでは「グル(尊師)を作らない」というのがベースにあり、それが私はとても気に入っているので、個として煌めく人が全体の煌めきとなれば良いと思って、先をみてセッションをしています。

2019年は学びと発信の年として、暴れまくります。

多分まとまらないと思います。

その事を自分に許し、わかっててやるので、もしかしたら今つながりのある方からもっと好かれなくなるかもしれません。

でも、もっと先へ、面白がれる人たちと遊びを広げて行きたいです。

なので、お互いに義理や義務感なく、自由な繋がりのもと、自分の道に邁進し合える関係性を、うれしく思います。

個であることが全体に繋がること、中学生の頃からの構想を現実に動きとして行えることを喜びつつ、全体の中の個として皆さんと共に在りたく思っています。

今年もたくさんお世話になりました。

新年からもどうぞよろしくお願いいたします!

紅音

それぞれの輝き、強み

まとめるまでに時間が要りそうだから、鮮度のあるうちにちょい出し。

こないだ、Facebookで、気の向いたお優しい方々にお願いして、私の気づいていない(もしくは気づいてるだろうけどダメ押しで)強みをコメントまたはメッセージで教えて頂きました。

以前メモしたノートに、「自分のキャラクター8割は社会性、2割は個人的で、2割の方が本質だ」みたいなことが書いてあったからです。

ノートを見返したのは、私のフィールドを意識する必要があることを感じたからです。

そして、自分が気づかないところが強みなのかもと、まあ批判もあるだろうなと思いつつ恥を忍んでコメントをお願いしたのでした。

↓こんな感じです。

たくさんのコメント、ありがとうございました❣️❣️❣️

さて、コメントを頂いた始めの方は、「一途」「自分軸」「自立」真っ直ぐクッキリ系のご指摘を頂いて、すぐにイメージしたのは自分の骨格。

個性に合わせた洋服を選ぶのに「骨格診断」というものがあり、私は「ストレート」なのです。他には「ナチュラル」や「ウェーブ」があります。

そして私が映える色を選ぶ「パーソナルカラー診断」では、「ウィンター」。

四季ごとに分類されるのですが、ウィンタータイプの人はクッキリハッキリした色でないと、存在がボヤけてしまうんです。

私がオータム色を使うとホント不健康に見えます。

そして顔の作りも、クッキリしてます。

友達とふざけてて私だけ怒られるタイプ。

見た目がこれだけクッキリしていることと、皆さんから頂いた私の強みの印象がマッチしていたので、面白いなと思いました。

ということはですね、たま〜にそういうお言葉を頂くことがあるのですが、

「あかねさんみたいになりたい」

っていうのは、本当に無意味なことなんだなあと思ったわけです。

だって骨格も肌色も顔の作りも違うでしょ?

他の誰かにはなれないし、他の誰かになろうとすることに意味はないんですね。

その方の持ち味を活かせば最強の存在になれる。

「あかねさんみたいになりたい」

と言ってくださる方は、きっと、

私の意志?の強さとか、ハッキリした表現とか、そーゆーところを欲していらっしゃるかと思うのですが、

そのような方が感じていらっしゃるのは、実はその奥にある、「自分にそのまま」というスタンスなのかもしれません。

そうだとしたら、きっと、私とは全然違うあなたがいることで、あなたは素晴らしく輝くのかもしれない。

コメント欄を見て、そんなことを思いました。

私は普段から色々書いて、それは私の事情で書かざるを得ないから書いているのですが、それが良いとか悪いとか無しに、それは私のすることだからやってるだけなんですよね。

あの人みたいになりたい、あの人みたいにやらねば、と思ったら、ちょっとそれ違うかも、って気づくサインにしてもらったら良いんじゃないかなと思います。

あなたには、あなたの輝きがあって、それがあなたの強みだからです。

紅音

いろんな投稿をするもんだから。。

時々、迷いも生じるのです。

個人事業の成功のセオリーとは違うことしてる、っていう意識はあるもので、

どんどん減った「いいね」にやっぱり自分間違っているのかな、とか弱気になることも時々はあるんです。

それでも自由に書くことが私を活かす道だと今年複数の方からメッセージを頂いて、私はそのまんまな自分を活かすことを仕事で伝えているものだから、自分の道を歩むと決めて書き続けるのです。

そんな時に、何かの記事のきっかけに時々ポコっとメッセージをくださる方々がいらして。

この時は、Facebookでのシェア記事についてでした。

記事を書くのって、小学生の頃から作文を書くのが好きだった私には、自分の好きに書くことは苦ではないのですが、それでも時間のかかる生産行為で。

そして、みられたくない人からもみられてしまう、裏でどう思われ何を言われるかわからない、人の念が飛んで来やすいのも知っての上で書いているので、それなりにエネルギーは使っているんですね。

一応は自分のいのちを使っているので、書いたものが誰かに届いたことを知れるのはうれしいです。

代弁者であるとしたら、矢面には立ちやすいですが、書くことが好きなギフトが自分にあるならばそれをする意味がきっとあるので、これからも好き勝手に書いてどなたかの何かにつながれば良いなと思います。

私は普段、感想文を求めることはしないんですね。勇気を出してお願いしてみたこともありましたが、「感想文を書く」というタスクをこなして欲しいわけではなく、もうそこで気持ちの純度が下がってしまう感があり。。

ふとした時に本心から出るもののバイブレーションが高く、それを受け取った私と、伝えてくださった方とに響きあう嬉しさを意識的に倍増させようと「宝物お言葉集」を作りました。

ブログ上では言葉(メッセージ)のコレクションをしていますが、言葉が無くても純度の高い愛や感謝のエネルギーはすごくよく伝わります。

もし、私に伝えたくても言葉にできない場合は、直接お会いした時にそう言ってくださったらキャッチできるかと思います(ストレートで純度の高いものは伝わりますが、自分のこと認めて欲しい的なエゴ発信は高いバイブレーションで伝わってこないのでわかってあげることはできません。ごめんなさいね🙇‍♂️💦)。

「代弁してくれてるようで嬉しいです」

という言葉に響きました。私も嬉しいです。

ありがとうございます❣️

「嫉妬」はクサい靴下を嗅いでしまうようなもの

ここのところ、やけに「嫉妬」「嫉妬心」を身近に感じさせられることがありました。

男性からの嫉妬のエネルギーが身体中に刺さっているとか(女性からの嫉妬じゃないのね。そのこと自体は嬉しいけどなんとなく複雑なキモチ笑)

嫉妬のエネルギーを他の人へ向けてしまった人の話や、

生き霊レベルで中に入って、無意識の領域で私の生命エネルギーを消そうとしていたりとか。

男性の嫉妬は、パワフルです。

しかも、複数だったみたい。

特定はしていませんが。。

そのエネルギーを好きなことに向けたらすごいんだろうなと、もったいなく思います。

私も嫉妬くらいしたことはあります。かなりしんどかったです。臭い靴下を何度も嗅いでしまいながら止められない感じ。

でもそこまで行くと、いわば趣味のようなものなんですよね。その靴下を捨てるなり、洗濯して大事に保管するなり、臭いを嗅ぎ続けるなり、選択するのは本人なんですもの。

そして私や皆さん、全ての人間がすることは

「自分を生き切って死ぬこと」

それだけを考えれば良いようです。

IH基礎クラスを受けてくれたナオちゃんが

基礎クラスの内容だけで大セッションをしてくれました🙇‍♂️🙏✨

寿命が延びたかな??😆笑

どうもありがとう❣️

うれしさ還元

うれしい言葉集、を、作ろうと思います。

これまでの自分の人生でたくさんスルーしてきてしまった、周りの人たちからのたくさんの愛を、意識して増幅したら面白いことが起きるんじゃないかと思い、私が響いたメッセージを頂いた方々に、おゆるしを得ました。

これまでは、セッションのご感想を頂いても、私はただ筋肉反応を取ってインテグレート・ヒーリングをやっただけで、受けに来てくれたその方の勇気が素晴らしいわけだし、内容はとてもパーソナルなことだし、セッションの成果を意気揚々と自分の手柄のようにシェアすることにとても抵抗があったんです。

そういう風な見せ方をすると人気が出るのはわかってるんだけど。

人気や力が欲しいわけじゃないから、違和感や居心地の悪さばかりがつきまとい、せっかく良い言葉をもらっているのに受け取れなかったんです。

先日でのIH基礎クラス練習会でのこと。たどたどしくもスッキリとしたセッションをして頂いて、腹に決めたことがありました。

私は「リーダー」ということに小さな頃から課題があって、どうやら大きな人生のテーマでもあるようなのです。自立とか、独立とか、独りとか。

リーダー論を真剣に考えていたのが中学の頃。中3の時には、上に立ち人を引っ張るリーダーは誰にでも出来るのだから、下から支えるリーダーを経験しよう、とか考えて行動していました。

下から支えるというのは、実に目立たない行為で、下から支えているうちに、上に立った気分になっている人のことも支えることになるわけなんです。脚光も浴びず自分が何をしているのかよくわからなくなり、試練が続くのでありました。

承認欲求の薄れた今は、こう思います。

上も下も無かろう、と。

リーダーって、そういうもんじゃない。私は私に、自分ひとりだけにしか出来ない、「自分自身のリーダーになること」を今年の年初に掲げました。

そしてこないだのIH基礎クラス練習会でのこと。

ま〜たリーダーがテーマなの!?と、いいかげん嫌になりました。

おんなじ事ばかり言ってるのは、覚悟が足りない証拠。

もーいいや。もう飽きた、同じことばっかり言ってんの。

もう終わりにしよう。

セッションを受けながら、そう思ったんです。

実は11月のロサンゼルスでもそんなこと言ってたんですよね。

だから、最後のダメ押しになったのかもしれません。

もーべつにこだわらなくてもいいや。どーせ、そうなる必要があるんならそうなるだけなんだろ。

とセッション中に覚悟を決めることができました。

そうすると、不思議なことに

これまで自分の中になかなか入ってこなかったうれしい言葉が、じんわりと自分に伝わるようになったんです。

ああ、私って、こんなこと言われると嬉しいんだ❣️

ということがすごく良くわかりました。

そのきっかけとなった言葉はこちら

12月13日に目黒でのIH勉強会で、ロサンゼルスでの受講のお話をすることになっているのですが、それについてのお問い合わせでした。

「あかねさんトーク聞きたい」という言葉に、これほど自分が喜ぶとは、自分でも意外だったんです。でも何度見てもじわじわうれしい。

本当はしゃべるのそんなに得意じゃないし、伝わるように話そうとすると顔がすごくこわばるし、下手くそなんだけど、それでも伝えたいこと、伝えろと(筋肉先生に)言われることがあるんですね。だから一生懸命です。

何か、伝えることにお役目があるんだろうなあ。と日々思っているからか、上のようなメッセージを頂いて、魂の深いところで喜びが起きたみたいです☺️🙏✨

そんなやり取りをしていたら、上のメッセージを送って下さった方も、とても喜んでくださって。。

これが、形骸化した表だけの言葉だと、私には響かないんです。この人のハートから来てる、と体感覚でキャッチするので、わかっちゃうんです。

やり取りしながらお互いに嬉しくなって、涙を浮かべるほど。

私、これまでいくら褒められても、耳に入って来なかったなぁ。まだ面と向かって言われると緊張と照れで聞こえないことになったりすることもあるけれど😂、素直に喜べるようになってきたこの嬉しさ、そして頂いた愛の気持ちを、意識的に増幅したい。

単に、私のブログに記録しておきたいだけでもありますが😁笑

そんなわけで、うれしい言葉をキャッチするようになったら、たくさん言われてることに気づいてきたので、そういうコーナーを作りたいと思います笑

ほんとに好き勝手なブログ書いてるな〜!!

でも、思うんです。

ビジネスブログも大事なんだけど、本来ブログって日記みたいなことだったよな、と😊

12/13.14の企画↓

https://www.facebook.com/events/332662977463336/?ti=icl

紅音

日本に思う、自分にやれること

日本でヤバい感じのこと(水道民営化とか沖縄事情とか)が起きているのに、どうしていいかわからない。

とりあえず自分のことをするしかなくて、きっと私を含む多くの国民が日常に逃げているんだろうなと思うと、悲しい気持ちになるのだけれど、最終的には自分にできることをするしかないから自分に出来ることを考えてみた。

・自分で選択した人生に責任が持てるようにする

・幸せになっていいと自分に許可する

・自分自身のイライラやモヤモヤを解決していって、そういう人を増やして日本全体のエネルギーを変える

・人の噂や報道に振り回されずに、自分にとって必要なものを自分が決めて選べるようにする

・そのためにやれることをやる、そのために健康な心身を持つ

こんなこと書くのも情けない思いだけれども、セラピストの役割でもあると思うので書いてみました。

死ぬ時はどうせ死ぬし、役割が変わる時なんだろうなと思うから、生にはさほど執着しておらず。

自分の仕事が何に繋がるのかを意識することくらいしか出来ていない今だけど、意識で世界が変わるというのが本当ならば、それをこの目で確認したい。。

紅音

緊急特別企画:今年もラストスパート!IHセッション&やり残しチェック

いきなりステーキならぬ、いきなり特別企画✨

明日12/5明後日12/6

セッションと今年のやり残しチェック✔

⇨ラストスパートへの準備をお手伝いします💪✨

12/7に水星逆行が終わって、物事が進みやすくなります。氣を散らさずに大事なことに集中できたらどんなにいいでしょう❣

その日は星の動き的に実質2019年の始まりの日だとか。

平成最後の年末ですし、流れに乗ってまいりましょう🏄‍♀️✨

ーーー

今年やり残してることはありませんか?

いきなりですが!

明日12/5と明後日12/6の特別企画😳✨

>>平成最後の年末に向けてラストスパート‼️<<

あなたの存在を統合していくインテグレート・ヒーリング(IH)のセッションと、あなたの身体があなたを導くための「筋肉通訳」を行います✨

プラクティショナー:諏方紅音

・エネルギーをスッキリさせてからラストスパート

または

・やり残しをチェックしてからそれに取り組めるようエネルギーをスッキリと

あなたの筋肉さんに従って、どのパターンが良いのか筋肉テストで確認します。

よかったらメモに「やり残しリスト」を書いてお持ちください。番号が振ってあれば、人に知られたくない内容でも取り扱えます(私が内容を把握しなくてもセッション可能です)。

平成最後の師走ですから、心の中のモヤモヤを仕分けして、大事なことだけに集中して過ごしましょう!

<日時>

12月5日(水)

12月6日(木)

ご予約状況16:30更新

12/5

⭕10時〜 /⭕11時半〜/✗14時半〜N様/✗16時〜M様

12/6

⭕10時〜 /✗11時半〜S様/⭕14時半〜/⭕16時〜

<メニュー>

A)20分IHセッション&今年のうちにやっておくことチェック30分 8,000円

B)50分IHセッション&今年のうちにやっておくことチェック30分 11,000円

<会場>

横浜駅東口徒歩3分

※ご予約頂いた方にお知らせします

<申し込み方法>

イベントの参加ボタン、Facebookメッセンジャー、メール、TwitterDM、お問い合わせフォームにて受け付けております。

MAIL⇨beni.oto.akane@gmail.com

Twitter⇨@beniotoakane

お問い合わせフォーム⇨https://form.os7.biz/f/68b285a1/

自分のために歌う

(写真は10月31日のロサンゼルス空港到着時。スーツケース左が私、右が愛ちゃん)

今日はIH(インテグレート・ヒーリング)基礎クラスの練習会でした。

いつも思うのは、

テキストを見ながらただ淡々とそれをやる、

テキストを見ながらたどたどしくもそれをやる、

そういうセッションほど、セッションをする人の余計なエナジーが乗っかって来なくてスッキリするんです。ほんと不思議。

もちろん、素晴らしい質問や気づきに繋がる声かけによって、深い納得感を得られることもあります。

ここで気をつけたいのが、何を目的としているのか、ということ。

納得するためにセッションを受けたいのか、

自分という存在、自分という<いのち>を輝かせるためにセッションを受けたいのか。

納得して「あ〜なるほどスッキリしました」というセッションは、頭の理解の領域を出ることが出来ない。

一方で、

よくわからないけどとにかく何かがスッキリした、

意味がわからないけど涙が出てきた、

というセッションは、

頭では追いつかない領域が動く。

無限の可能性があるのは、どっちかな。。

——

練習会の帰りに、今年一緒にロサンゼルスに行った愛ちゃんとご飯。

いろーんな話を聞いて、質問していく…

愛ちゃんの口から「自分に対して歌う」と出てきた時、

彼女と彼女の周りのエネルギー体がヒュッと変わり、

それと同時に、私のエネルギー体も震える。。

それは、「間違いない」の、サイン。

自分のために歌うこと。

それが彼女が自分に戻って来れること。

自分のために歌うこと。

とても美しく、愛に溢れた言葉であり、

愛に溢れた行為。

なんの質問をしたのかというと、

「誰に何を言われても止めないことって何?」

ということでした。

私なら筋肉反応テストだなあ。と思いながら質問をしていたけれど、愛ちゃんの言葉を聞いてエネルギー体がビンビン反応したことを後で反芻して、

夜道をブラブラ歩きながらフラーやヴィトゲンシュタインの記事を読み、改めて自分に問うてみた。

自分のために歌うという愛溢れる行為は、私の場合は何だろう。

すぐさま浮かんだのは「書くこと」。

愛ちゃんが、自分のために歌うことで自分に戻るように、私は自分のために書くことで自分に戻れる。

いつからだろう、人にわかってもらえるように書くこととか、何かを売るために納得してもらうように書くことを意識したのは。

ただ純粋に私は書きたいだけだった。どんなに下手と言われようとも、誰に貶されようとも。

「何かのために」やることが軸ブレを起こすことは飽きるほど体験している。これに関してはもう嘘はつけない。

誰かのために頑張るなんて恩着せがましいことはもう出来ない。

自分がやれるからやる、出来るからやる。やりたいからやる。

自分が歌いたいから自分のために歌う、

自分が書きたいから自分のために書く、

その「自分のため」の解釈は人それぞれなのだろうけど、それを文字のまま受け取って批判する人は、きっと何かを我慢しているのだろう。

純度をあげて行こう。

私の人生なんだもの。

それが私の仕事。

残りの人生どう生きよう

久々の投稿です。

ただいまです!

一週間、計画的引きこもりに徹してました。

私はとても不器用で、

人に見せる自分というものを作ることができません。

こうして一人で仕事をしていると、

自分の見せ方、魅せ方が大事なんだろうねと思います。世間的にもそう言われます、人が見たい自分を作る方が売れるのが早いんでしょう。

でもそれをしようと思うと、とても違和感を覚えて、自分は何をしているんだろう?と思うのです。

人にキラキラの外側を見せてどうしようっていうんだ?

周りを見ていても違和感。

そんなに必死にキラキラさせんでも。

そう思いながらも、そういう人たちが稼いでいるので正解なのかな?と変に自分を疑ってみたり。

だけど、一つ確信しているのは、

何かに夢中になっている時にモテていたというこれまでの人生経験。

まあ若い時の話だから、今は通用しないかもしれないですけどね!笑

でも、自分を生きている人って、人の目を気にしなくても勝手にキラキラしてしまうんですよね。外見で判断してコミュニケーションを閉じてしまう人には理解のできない、きらめきがある。

生きているだけで本来は輝いているはずなんですよね。

それを頭ではわかっているのに、自分や周りの人に条件付けの目を向けてしまう。

いま自分がやっている事って、その窮地に自分を追い込んで、生きているだけで価値があることを自分自身が身体で確信するトレーニングをしている感じがします。人にセッションするのにそれを言うわけだから、自分が自分のことを本当にそう思ってないと身体で伝わってしまう。そんなお仕事なんです。

本来なら子どものうちに養われる感覚が、大人になったふりをして来たばかりに、中身が無かったというだけの話。

子どもの頃からどこか大人っぽかった人は、セラピストに多いと思いますが、自分は全て癒されていると思う人は、上下関係を作りやすく、復讐としてのセラピー活動をしているかもしれないので、そういう人から何か言われても気にすることはありません。

自分を疑いながら自分を信じるバランスがないと、自分王国を作りがちになります。人を従わせて自分が王様になる王国です。

だけどそれも、外側を意識して生きてきたことの現れというだけのことなのでしょう。

自分が生きのびるために外側に合わせてきたものを、

自分を生きさせるために内側に戻り、外側に出て行く。

私ができる事って何なのかな。

一生、死ぬまで問い続けることで、自分の生に集中して行く、そんな生き方と死に方が出来れば幸せかな。

紅音

☆☆☆

12/7(金)ブロック・ビルディング・アクティビティ講座募集中

12/9(日)癒しイベントKAKEHASHI 出店