【IH基礎クラス・オンライン講座】

筋肉反応テストを使ったヒーリング実技の講座(IH基礎クラス)を、オンラインでやるテスト、今日で三回目です。
実は、こんな騒ぎになる前の昨年末から、とある話の流れで計画していました。


テストにお付き合いくださっている方は、私が福岡でお仕事をするきっかけをくれた方。IHのセッションや、過去に「筋反射実用講座」をご活用頂いて、ほんとにめちゃくちゃ感謝しているので、無償でオファーさせて頂きました。


リアルでは2日間で行っている講座ですが、週末の2時間程度✕計6回を目標に、実験しているところです。赤ちゃんが眠くてぐずったりするのも考慮に入れて、「日常の中」でベターなやり方を探していきます。今日は途中で一旦切って、また再開しました。


私がずっと望んでいたこと。。家庭の中で、自然な形でヒーリングが出来る人が増えればいい、ヒーリングなんて特別なことじゃなくなって、家族やお友達、自分自身に気軽にやってあげられるようになればいい。それが、このコロナをきっかけに、オンラインが普通になる環境が後押しとなって、夢叶いそうです😂💕


IH基礎クラスは単に知識や技術を学べばいいだけの話ではなく、ヒーリングにまつわる倫理や哲学の要素も学びますので、日常的に自分と向き合うようなシーンにも活用できます✨


家庭と切り離さない環境で出来ることも私が望んでいたことだったので、ほんとにとっても嬉しいです❣


今のところ、オンラインでのIH基礎クラスはマンツーマンになります。


対面で、グループで受講する良さも、計り知れないメリットがあるのですが、お子さんを預けるのが難しい方や、今のように外に出られない時、ぜひ習得して頂いて、ご家族やご自身の免疫UPにつなげてほしいです^^


オンラインでのご受講をご希望の方がいらしたら、お気軽にお声かけくださいね!


【IH基礎クラスで出来るようになること】
・筋肉テスト
・ヒーラーの在り方
・痛みの修正
・感情の修正
・隠れたネガティブ感情のクリアリング
・ストレスの修正
・家族への対面セッション
・オンラインでお友達にやってあげるセッション
・自分自身に対するセッション

https://peraichi.com/landing_pages/view/integratedhealingalive?fbclid=IwAR29zN8LdVBUOluqbC5JWajuOc-oc8_7PDWa5cIxriYVtwBa9UlxKwWXsfA

あなたがあなたでいるだけで充分

光でいなきゃいけない、

愛でいなきゃいけない、

闇を無くそう、

なんて思ったら、いったん立ち止まろう、
何かに振り回されてるよ。
 
光でなくても、
愛でなくても、
闇があっても、
 
あなたがあなたでいるだけで、充分整うよ。

【素朴な疑問】マスクだけ?

【素朴な疑問】世界中の皆さんは、なんで外出時にマスクだけして、手袋をしないのかな❓

商品の購入後のアルコール消毒に気遣うのなら、
 
レジかごや、エレベーターのボタン、エスカレーターの手すり、電車のつり革、自動販売機、いろいろ危険なんでしょう❓❓😃❓
 
 
消毒用アルコールは貴重だから、何かを触る度には使えないよね。手袋なら洗えるし、ビニール手袋なら使い捨ても出来る。
 
 
皆がマスクをするように、皆が手袋を使えば、お互いに安全に商品などに触れることが出来る。
  
 
手袋をした上で、更に手洗いをすればいいんじゃないかしらねえ。あ、手袋をした手でクシャミや咳をカバーするのはよろしくないからそれは注意ですねえ。
 
 
とにかく今は、「緊急事態」になったのだから、普段は変な目で見られがちな潔癖症の人に学ぶと良いんじゃないかしら。もはや潔癖症さんの生きづらさは、世界基準になりつつあるから、世の中のひっくり返り様は素晴らしいよね!
  
 
いずれにしても、マスク&軍手は最高のコーディネートかと😁お買い物に行くなら軍手など手袋の購入をお勧めします!笑
  
 
潔癖症さんに学ぼう!

「普通の人の面白さ」が光るお笑いが好き。

本音爆弾。「志村けん」を面白いと思ったことはなくて、皆さんの反応を見て共感できない私はやっぱり異常なのか非国民なのか捻くれているのか波動が低いのか癒されていないのか笑笑、と、思いつつも、

せっかく「志村けん」に愛を向けている人たちに水を差すようなことはしたくないし、そうこうしていると自分の意見が言えなくなるものだなあ、と、今世界中で起きている情報戦も脳裏に入れつつ、とにかく自分を分析してみました。

こどもの頃に私が笑ったのは昔々NHKでやっていたMr.ビーンとか、世界の料理ショーの、グラハム・カー。あと欽ちゃん。共通点は、日常を舞台とするところ。いま自己再ブームの中川家も、日常ベース。

架空の空間や架空のキャラクターを作り上げるのではなく、日常に近い再現をする非日常という前提で、日常の中に焦点を向けるのが面白い。

みんながスーパーマンのような存在を求める中で、埋もれがちで見過ごされたり、時に嫌がられたり無視されて「なかったことにされる」個性に、光を当てる。

「普通の人の面白さ」が光るお笑いが好きなのは、

いま私が仕事としている「その人の中の自然な光・面白さ・宝物を見つける」ことに近い感じがします。

こどもの頃からテレビの影響を受けてそうなったのか、そういう素質があるからそういうコメディアンを好んだのかは、卵が先かニワトリが先か、みたいな話。

 だから、私は自分の仕事がとても面白い。インテグレート・ヒーリングIHは、誰かの思う正解を目指して整えることはしていなくて、その人の素の個性が輝くように出来ているから。

さて、自分の嗜好がわかったところで、「志村けん」に戻ります。

8時の生舞台のドリフターズは、リアルタイムで観ていました。それなりに楽しみにしてました。

当時のこどもはテレビ自体が貴重な娯楽だったのです。笑

東村山音頭も踊りました。

扇風機をスタジオのカメラに見立てて、歌のコーナーのアイドルの真似もやりました。

布団の上で体操ごっこもしました。

ドリフターズは、こども達のコミュニケーションツールだったと思います。

とりあえずドリフの真似をすれば、こどもはたちまち仲良しになれる。

「教育ママ」という言葉が出てきたあの時代に、

「大人の言うことをただ聞いている、良い子ちゃんじゃない!僕は、私はこども側にいるんだよ!こども仲間だよ!」

という、大人の理想の枠から出るツールでもありました。

真面目な大人は嫌がるからね笑

ともだちと仲良く遊びたい、そんなこどもたちのために与えられた共通言語だったと思います。

それを与えてくれた「志村けん」は偉大だと思うし、志村けんさんは芸に熱い職人で、かっこいい人だと感じます。

いかりや長介さんの元で修行されたことも大きいでしょう。

私がまだ20代で会社員だった頃、昔のドリフのカセットテープを購入し、昔のドリフの映画をミニシアターまで観に行きました。

おかげで「大人」の枠に収まらない、面白い大人たちと繋がることができました。笑

お笑いとしては個人的に響かないのだけれども、大人の「マス」なコミュニケーションや、こどもの集合意識的なコミュニケーションのパワーツールが「志村けん」だったのかな、と思いました。)

ーーー と、まあ、こんなふうに思ってる人もいるよ、ってことで。

みんなと同じ感情にはなかなかなれないんだけど、ただ捻くれてるってわけでもなかった笑。

嗜好の違いと、尊敬の念はあることを理解できて、そんな自分に安心しました。笑 

今、多様性の極地にいると感じます。

一斉に思考や行動を同じく「させられる」時こそ、こんな振り返りは大事だなあ、と思いました!

よかったら皆さんも、外側で起きていることを、自分に与えられる刺激として捉えて、自分の反応を見に行ってみてくださいね。

知らなかった自分に会えるかもしれません💎✨

今日はこんな日。

今日は4月4日、真ん中の日。

3月3日の女の子の日と、

5月5日の男の子の日の間だから、

新宿二丁目(オカマの街)ではお祝いの日。

普段ジェンダーが固定している人・固定させている人も、 今日くらいは、自分の中の男性性・女性性の間に居てもいいんじゃないでしょうか😊

4月4日がオカマの日である由来は?釜飯を食べる意味は?

https://oresira.com/okamanohi/1532

インテグレート・ヒーリングIHのベースは3歳の男の子の愛です。

インテグレート・ヒーリングIHは、システム化されたツールですが、それは、自由になるための枠です。

枠に捉われることは本質ではない、だからといって、自由な形を行使すれば良いかというと、そうだとも言い切れません。

エゴは不要、なぜならエゴは恐怖心から来るものだから。

恐怖心は権威性を表現するために複雑さを生み出します。

ゆえに自由であれば良いというわけではなく、自由であるための枠がIHのプロトコルなのです。

けれども、IHのプロトコルそれ自体に本質はありません。

IHのベースとなるものは、3歳の男の子の愛です。

【アカネ絡みの「楽しむ覚悟」決意表明】

【アカネ絡みの「楽しむ覚悟」決意表明】

・5月24日(日)横浜ワールドポーターズにて行われる予定の「姫コラソン」アカネ絡みイベント出展者一同は、【どんな状況も楽しむ覚悟】を携えて、マヤ暦の節目の3/29に一斉申し込みをしました。

これからどんな状況になるのか全くわからない未知だからこそ、何があっても同じでいられるというか、そんなトレーニングをしてきた私たちが、さらに自分たちを成長させつつ、どなたかとの出会いで化学反応が起きることを楽しみに、 ひとりじゃない心強さを各自が感じながら当日までにさまざまな準備をしてまいります。

もともと癒しイベントが嫌いな私、そして、そういう仲間たちが集まり、「どんな場でも自分が自分でいることで楽しめる」体験を伴った学習をして参りました。

それは、今回の世界的な状況に於いても、私たちを強くしてくれるものだと感じています。

イベントの開催がどうなるのか、会場がどうなるのか、そしてどう評判を立てられるのか、わからないことだらけ。

でもそんなこと以前に、もう毎日が未知です。

私たちは、楽しむ覚悟を決めて自分たちのパワーを高め、淡々と準備してまいります。

よかったら「アカネ絡み」出展者たちの応援を、よろしくお願いします❣

瑞月 エリ花 ドイツタロット・ライフコンサル

Michiko Hamada パワージュエル・マヤ暦

横室 千恵美 (Chiemi Yokomuro) おもしろ整体

舘内 恵子 (Keiko Tatenouchi) アロマよろず相談

本多 香里 (Kaori Honda) アドレナリンカラ―セラピー

諏方 紅音 (Akane Suwa) インテグレート・ヒーリングIH

(↑自分に合ったヒーラーの選び方的な無料講演もします!)

姫コラソン Vol.32 in 横浜 トップページ★2020年5月24日 イベント

https://www.himecorazon.com/32/top

2月9日は横浜ワールドポーターズ

一粒万倍日・しし座満月の今日✨
姫コラソン横浜に出展します❣

https://www.himecorazon.com/31/booth/018

インテグレート・ヒーリング(IH)は、

ヒーリングのモダリティではありますが、

生き方の哲学でもあります。

プラクティショナーに許された個性は、

IHのもとであるユニバース(宇宙)意識そのものです。

それぞれに特徴を持つプラクティショナーに

ぜひ会いに来てください♪

私は、そんなIHへの世界とお繋ぎする、IH基礎クラスを

オススメしたいと思います。

このブログでもそういったことを書いていきますね!

さまざまな変化の波が皆さんのところにも来ていると思います。

今、このタイミングにぜひご活用ください✨

紅音

IHについて↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/integratedhealingalive

コードカット✨

ここ数日のちょっとした重さ…一口に「重い」と言っても、いろんな理由があるものです。宇宙の動き的なものや、自分のエネルギー、etc….

自分の中の問題だな、と気づいた時に、中身を確認してみると、

ここ最近行なっている、初めての方々とのセッションやご連絡やりとりで繋がったエネルギーコードでした。年の瀬から始めてそろそろ30名様分を達成しますから、短期間でいろんな方とご縁が繋がりました。

こんなこと言うと、心当たりを感じられる繊細な方が「ワタシの念が重いせいだ…」と落ち込んでしまうことがあるのですが、そんなことはありません。

というか、ごく普通のことなのです。
相手のことを考えていると、コードは繋がります。

だから、施術側が気付いて外せば良いこと。

外すのは、お互いのためです。
私もあなたも元気でいるために。
私もあなたも、自分自身の純粋なエネルギー状態であるために。

私に繋がって頂いた感謝の気持ちを込めながらブチブチとコードを外し、スッキリと軽くなりました✨

これでまた、軽い波動でセッションができます(・∀・)✨


紅音

1/24.31 IH基礎クラス開催

想念のようなものからの気づき

不自然に眠くなる時、何らかのメッセージを拾っています。

最近は、ご縁の遠くなった方のことが増えてきたというか、私がキャッチして私に何か気づく必要があることに関するものが多いです。というか、基本的に全てのことは何かの気づきと学びになります。

先ほどは、またグワンと眠くなったので、「あ、きた」と受け取り体勢に入りました。

まどろみつつ筋肉反応で確認しながら進めます。

私自身のことなのか、他の人のことなのか。

「他の人」で、アルファベットが浮かんできました。

え、誰だろう…と確認し続けると、ある方でビンゴ。

詳細は省略しますが、拾った情報は、

・その方が私に複雑な思いを持っていること

・なんでその方が以前私にこだわっていたのかというと、私ならその方を理解してコントロール(導き)ができる⇆でもコントロールされたくない(変わりたくない)という、自分でも説明ができない気持ちの中でのキーパーソンだったから(私が)。

もしかしたら、それは「念」と捉えて、プロテクションが必要に思うことも出来るのかもしれません。以前の私なら、そういうエネルギーが飛んできた時には具合が悪くなっていたので、必死に自分を守ろうとしていました。

でも、ひとは変われるものですね。

そうやって私を思った時間がその方の中にあったことに、感謝を覚えて、「ありがとう」という気持ちになったので、感謝のエネルギーを送りました。

他にもいくつか、こうしてメッセージを拾っているのですが、これは今のタイミングで私にも必要なメッセージなのでしょう。

私に心を閉ざした方のメッセージも拾いました。その方にとっては、私は「愛を与えてくれる人」という立ち位置だったようです。しかし一方で私は、さまざまなプロセスを経て、自己信頼のプロセスに入り、自虐を終わらせ自分に愛を与えることに集中し、各々が自分自身を愛することができることを信頼できるように目指しました。要するに、人に愛を向けることによって自分の不足感をごまかすことを止めたのです。

その時に、「愛されなくなった」と感じたかもしれないその方は、「愛されないダメな自分、と思った過去の痛み」が引き起こされ、そこに痛みの怒りを感じるけれど、愛を請求することもできず、心を閉ざすしかなかった(のかもしれない)。

こういうことは、心を扱う職業の人にはよくあることだと思います。クライアントさんは心が弱っている方が多く、それだからこそセラピーの役割があるのですが、そういったクライアントさんは、自分を卑下する分、人を過剰に尊敬してしまいやすい。

でもそれは、その方にとってのドラマ。

そして私は、これまでだったら心を閉ざした方に「愛されなくなった」と狼狽するパターンでした。外側基準だから不安になりますよね。そしてその方の欠乏感と自分の欠乏感を埋めて、共依存。

私の本音は、誰のことも縛りたくないし、囲い込みたいとも思わない。他人に自由を与えないのは自分が自由じゃなくなるから。

今の私は、「私が私でいることを徹底する」そのことしかする必要がなく、とにかく内側を外側にするメビウスの輪を自己内に確立させること。

いつかの再会の時に、これらの時間全てを愛に変換しているのが見えるから。

それぞれの学びのプロセスを尊重し合いたいです。

愛してるよ。

紅音