一番のしあわせ

私の周りには、いかに余計な手を加えずにその人らしい素晴らしさを引き出すか、に心底真面目なプロたちがいます。

でも、世の中の人に伝わりやすいのは、わかりやすく変身することだったり、自分そのものとは別人のようになること。

非日常を楽しむのなら、それもまた面白いと思います。
 
四六時中、自分とともにある自分が、自分以外の何者かであろうとすること、あらねばならないとすることは、

ご本人に見えないストレスを蓄積させることになります。そしていつまでも、自分に不満を持ち、「もっともっと」と求めて行くのです。

今ある自分を好きになって、自分が自分の一番の味方になって、自分に優しくできることが、一番のしあわせだと思うのですが、いかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です