見えないダイヤモンドを身にまとっていた話

12月21日に書いたブログをシェアしたFacebookページにコメントを頂きました。

https://www.facebook.com/614516675615501/posts/968076163592882/

この方はほんとにストレートなエネルギーの言葉を紡ぐ方だなあ、と日頃から思っているので、このコメントを読んでいて、ほお、と思いながら、じんわり嬉しさを感じる自分に気がついて、その嬉しさの内訳は何だろう?と自問していました。褒められて嬉しい?認められて嬉しい??

でも何か違う。

その感覚を、たぶん知っている何かに照らし合わせると…

おそらく「ダイヤモンドが好きな人がダイヤモンドをもらった時」の感覚に近い、ということに気がつきました。

私はあまり物をもらうことに価値を感じていないみたいで、高価なアクセサリーを貰うのはもちろん嬉しいんですが、それよりも、エネルギーが純粋なものが嬉しくて、それらが感じられやすいのがメッセージや、存在から感じる純粋なもので、

だから旅でも人に会うことが一番の目的になるんだと思います。美味しいご飯ももちろん好きなんだけど、出張で地方に行くと、ご飯は目的ではなく、ついでになってしまいます。観光地に行くのも、ついで。誰かのエネルギーを感じて共振したいからセッションや講座をするし、共振できる人と一緒にどこか行ったり会いに行くのが楽しい。

そんなわけで、自分が喜ぶものは、3次元的に触ることのできない、物体の無いもので、先のコメントのように、誰かにとってはダイヤモンドのように価値あるものを私はもう既にたくさん、いろんな人からもらっていて、お金では買えない、見えないたくさんのまばゆいジュエリーを身に着けているんじゃないか、と気がついたんです。

三次元的な見た目には、なにも華やかなところは無いので、煌めくジュエリーやきれいなお洋服を身にまとったセレブな方々の前に出ると冴えない自分が恥ずかしいと思ったりしていたのですが、

このことに気づけた私は、見えないダイヤモンド級のジュエリーを身にまとっている自分を誇りたいと思います✨

これからはより自分を尊重できるし、周りの人のことも、これまでよりさらに、見た目に惑わされないようになると思います。見えない煌きを見出す楽しみが、さらに増えました✨

率直なエネルギーの言葉と、気づきをもたらしてくれてありがとう☺️✨

紅音

現価格最後のIH基礎クラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です