雑記:ビジネスでわかったこと

※先にお伝えしておきます。「ビジネスで成功したい人」には役に立たない情報かと思います。笑笑

ビジネスのやり方は、成功者の真似をするのが一番!

と言われているのに、それが出来ない私。

それをすると、自分ではなくなってしまう感、自分に嘘をつく感、そうすると、自分の行うセッションに自信がもてなくなるから仕事に影響してしまう感=絶対やりたくない笑

情報発信の仕方にしたって、読者に有益な情報を「与える」というのがどうにも違和感でしかない。

みんなの心が響くような言葉なら、20年近く前に自分のホームページを作ってやっていた。そのうちに、言葉が先走り、自分とかけ離れ、文字だけが立派な人を演じていた。

だから、ブログなるものが誕生した時は、飛びつかなかった。また言葉が上滑りするのが嫌だった。

でも、それを越えるタイミングの波が来た2011年、自分の心にある決め事をして参加した。「かっこつけない文章を書く」と決めたのでした。

それからは、恥ずかしながらも自分丸出しの文章、自分丸出しの文字の羅列…好き嫌いは分かれると思います。ビジネスを教えてくれる人には評判が悪かったです笑

ここ最近も、文章の書き方を変えた方がいいんじゃないか、と思ったりすることがあったのですが、それは、「読者のため」を考えると、私の情報はそんなに有益ではないような気がしたからです笑。

だけど、「マイダンジョンカード」なるもので自分の資質を見た時に、私の持っていない資質が「人のために尽くす」だったと知りました( ;∀;)。。

確かにそれをしてしまうと、エネルギーが滞るんですね…。自分を抑圧してしまうんです。そしてうまくいかなくなって、終わり。

ではどうしたらいいのかというと、私の場合は「我が道を行くことが人に貢献することになる」。数秘術によるところの私の人生のテーマである「リーダー」とは、人を導いてあげるものではなくて、道なき道を勝手に通ることで、その後にそこを通りたい人が人が通りやすくなるということのようです。

だから人の真似をしようとするとしんどいんだ〜。

と、思い始めた頃、似たようなことをしている人を見つけて、自分の属性を理解しました。ある人気ブロガーの人は、人に有益な情報など書こうとしていない。ひたすら自分を見つめて、その生き様を記録しているだけ。

ああ、私はそっちのタイプだなあ、と、理解したのでした。

もちろん、いろんなタイプの人がいるから世界が面白いわけで、がんがんビジネスをやるのが好きで得意な人はそれを楽しめば良いわけです。誰もがそうしないとダメ、っていうのがおかしいのです。

よくあるのは「人のいう事聞かないと成功しないよ!」と言われてしまうやつ。これは、それを言う側の方や、その通りにしてしまう方が、かつて親御さんやその他大人たちから言われて不安や恐怖を味わった傷なんじゃないかな。

そんなこんなで自分を見つけ出し、私はすっかりビジネスのセオリーの蚊帳の外に出てしまいました。というか、そのことを自分にゆるしました。

ビジネスの戦略を立てる、というと、クライアントさんや同業の方たちに敵とか捕虜のようなエネルギーを付けてしまうようで、自分がしたい事や見たい世界とは違うから嫌だったんだ、ということにも気がつきました。

これからも、何も考えずに、動かされるままに動くトレーニングをひたすら続けようと思います。それで私がしあわせに生きていけるならビジネス成功でしょ?その方が自分のことを信じられるから、仕事に矛盾がなくて、それだけでもハッピーです。

それに、私の人生だから、何をしたって私が面白がれれば問題ないのです笑笑!

紅音

12/26現価格最後のIH基礎クラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です