突然はじまるひとりごと(ジェンダーの話)

LGBTQIAT+のことで、思ったことがあって、メモがわりに。

普段から何の抵抗もないし、ゲイビも普通に見れるし、同性婚もやったらいいし、でもトイレが男女一緒なのは抵抗ある…と思ってしまって(幼稚園では男女一緒でした。何も問題なし)

その理由の1つが、日本のポルノの扱いと関係してることに気がつきました。

ある外国人たちが日本の印象を語っていて「日本人はすごく丁寧で親切だけど裏の部分がこわい。例えばポルノとか、風俗がとてもオープンだったりとか」「普段とても丁寧で抑圧しているからそこで発散するんじゃないか」と言っていました。

会社員だった頃の英語の先生も「日本のポルノはレイプだ。女性が嫌がることをする」と言っていました。海外のポルノなんてその時は見たことなかったけれど、確かに海外ものは男女が同等でした。

私はトイレでの痴漢にはあったことがないけれど、隠しカメラでの犯罪は知っています。私の経験としては、こどもの頃に変質者に抱き抱えられたり、電車の中で服を汚されたり、帰り道にストリーキングにお尻を掴まれたり。26歳以降全くなくなりましたけど笑。

ストレートの男性が女性に働く不毛なことが女性に余計な負担をかけるのを知っているから、男女共同トイレになった時に、ストレートで異常性癖の男性が何かしでかしたらすごく嫌だと思ってしまいます。そうなるともう、LGBTQIAT+どうこうの話ではなくなってるんです。

日本では個よりも組織が尊重され、個が生き延びるために表裏を使い分け、その使い分けから抑圧が生じ、その抑圧をいわゆる弱者にむけて発散をせざるを得なくなる。被害者はほぼ、女性か子どもか、高齢者、障がい者、他さまざまなマイノリティ。ではマジョリティは誰なのかというと、いま国会にいるような感じのおじさんたち。

なので単に海外のレインボー活動とは比較することができず、日本は女性っていうだけで生きるのが大変な環境でもあり、男性というだけで抑圧を強制される環境でもあるから、LGBTQIAT+とかストレートとかそういう話じゃなくて、日本社会のシステムの問題なんだろうなぁ、と思ったので書きました。ひとりごとです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です