昨日は、大阪でのIH基礎クラスが延期になったおかげで参加できることになった、9月の名古屋・姫コラソンというイベントの交流出展会に行ってきたのですが、何が吉となるかは、その時にならないとわからないものです。ストーリーはいつでも書き換え可能で、自分が選択しているのです。

なぜ行ってよかったかは、あらためてブログに書きます。思った以上に価値ある企画でした。

昨日の現場写真を頂いて、自分が自分の思っている顔ではなくなっていることに気づいて、とても不思議な気持ちです。強い系の顔になってる感。。強い霊力者系の。。

自分的には抵抗あるけど、初めてお会いする人には私の顔がどんな変化をしたかなど関係なくて、私が何を提供するかしか興味がないだろうから、私の抵抗なんてただのエゴなんだろうな。自分を薄めた結果そんな顔になるのなら仕方がない。

昨日言われたことですが、「悪口を言われるのってすごいじゃないですか!どうでもいい人は悪口を言われないから、妬まれるくらい成功する存在なんですよ」と。

いや成功なんかしてないし妬まれるのだってやだよ、と思った瞬間気づいたのは、もしかしたら、自分は無意識にそれを知っていて、妬まれないように、同情される立場になろうとしていたのかもしれない。中学生の時に、モテたい女子たちが面倒で、「私は争いません」と極力女子気を出さないようにしたのと似ている。それで「私は成功を争いません」と同情されるべき現実を引き起こしていたとしたら、ほんとこれ自作自演だわ😂笑。

言いたい人は、何をしても何か言うし、人の噂に惑わされる人も、それはその人の人生なのだからそれでいい。私のことを好きになりすぎて嫌いになる人がいても、それもその人の人生の中で私というアバターを使う必要があったのかもしれない。人生の学びの中で他者との関わりとは、そういうもの。

というわけでこれからもどんどん顔が変わりそうです。自分の顔も好きになっていきたいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です