自己対話によるバランシングのあれこれ

「デキない前提」

あることで身体が反応したのでセルフバランス開始。

椎間板に情報が蓄積されていることに気づく。

あまりに深いセルフセッションで

一人で泣き出す。

自分は本当はこうしたかったんだ、と

奥底からの深い望みを

身体の反応で知ることになる。

感情で泣いているのではなく

反応として涙が噴き出すのである。

子どもの頃に言われたこと、

養われないと生きられない子どものやるせなさ、

自立、人に従う人生、

これまでの様々な出会い、

それにより学びとなっていった幾つもの出来事

Joy、心の底からの繋がり、

人は人を愛したいだけ。

人を愛することには、自分を愛することも含む。

ひとえに喜びの存在であることの、

シンプルな喜びが

魂のバイブレーションを起こす。

細胞は振動する。

「出来る前提で日々を送る」

膀胱系のアラームポイントのエナジャイズで

また様々に体感し見えてくるもの。

たったこれだけのプロセスの中で

身体に蓄積されたデータの変化に現れて

身体の動きや痛みの反応、気持ちの動きとして

顕在化する。

何が起きているのかなんて全て説明することが

果たして可能なのか、そのこと自体に意味があるのか…

「何のためにそれをするのか」だけが掲げられていれば、ツールは何でも良いように思う。

留まれない自分に不安を感じつつ期待に満ちている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です