わたし、というものの使い方

「わたし」は「わたし」の肉体に守られた存在である。

「わたし」という存在は、何層にもなっている。

何層もの「わたし」を、統合し

全身全霊となって生き抜く。

命の使い方とは、そういうものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です